全国立海second メモ 2/20 仙台昼公演

地方最後の場所であり座長凱旋の地、仙台。
わたしは初回と楽を観てきました。
名古屋以来の観劇だったので今回はじめてみるキャストも多く、そういうところも新鮮な気持ちで観られましたよ。



*************************

初回は2階席でしたが前の人の頭がかぶらないのでとても見やすかったです。
あと音響よかった。
青年館の2階とは雲泥の差……というのは言い過ぎかもしれないけど、ワンスロープかと思えるくらい聞きやすかったです。
天井が高かったので幕が下りるまで少し長かったかな。
緞帳がなくて大きい幕だけなのでカテコのあととか中の照明がちょっと透けてたりしたのが面白かった(笑)

【1幕】
久しぶりのテニミュ。
桃の最初のセリフで「きた…!」と思い、リョーマの第一声に鳥肌が立ちました。
か、かっこいい…!!

弁当売りのアドリブはなかったかな。
客席に絡む南次郎も割とおとなしめ。
とは言いつつ本山南次郎はかなりフリーダムだよね。

滝にいる動物 → 「メェ〜」
南次郎 「ヤギか?」
なんか動物のバリエーションどんどん増えてません?(笑)

今回初見のハル石&木戸金ちゃん。
なぜか、ハルが時々ヒデに見えました。
そう感じたのが主に曲中だったので、多分二階席で遠かったからというのと前公演ほどダンスの動きに差がなかった気がするので、そのせいかな。
演技や立ち居振る舞いはハル石だったし。
逆に金ちゃんは木戸くんとたーわんで全くタイプが違うので、おもしろかったです。木戸金ちゃんは天真爛漫なワンパク小僧って感じで。
幸村に負けた金ちゃんに白石が近寄るとき、たー金ちゃんは白石に触られてビクッって反応して触られることを拒否するけど、木戸金ちゃんは呆然としてされるがままになってるのとか、なるほどなあ〜と思います。

神の子を称える歌。
まっすーの歌唱力がまたすごくなっていた…!!
名古屋より一層迫力が増して安定していました。
まあ、あの頃は少しのどの調子が悪いのでは?と言われていたからなあ…でもそれにしてもすごかった。
会場の音響がよかったから声の伸びが気持ちよかったわ〜。

あと、鎬を削る者達よ〜のときもハルが一瞬ヒデに見えて、これは振付が割と体を大きく使う重心の低い動きが多いからそう見えたのかも。
わたしの中でハルはコンパクトに細かくシャープな動きをする印象が強いんですよね。

【2幕】
日替わりは田仁志様。
2歳しか違わないのにリョーマは元気だという田仁志様。
田仁志 「中一と中三なのに、年が倍くらい違う気がする〜!」
リアル年齢ネタ(笑)
堀尾 「田仁志さんも越前のこと励ましてやってくださいよ」
田仁志 「ハゲやとぉ〜!!?
他にも何かを聞き間違えて四天のふたりに絡んだりと、田仁志様はやっぱりおもしろかったです。

幸村ジャージ回収は柳生。
赤也が行こうとするのを手で制止して自ら回収に行きました。
そのあとのジャージの扱いは結構適当だったけどね(笑)
さすがに樺地ほどきっちりはたたまないのか。

幸村のテニスでは、名古屋で気づいた真田の奇怪な動き(帽子着脱)が見れて楽しかったです。
あれは「上も下も〜♪」の部分だからああなってるのかな。
にしても真田がやるとすごくシュールだよあの振付。
気になって他のキャストが見れなくなるじゃないか!(笑)

幸村が負けたあとの赤也、ミツ赤也はめちゃくちゃ悔しがって最後まで動かないけど元気赤也はさっさと行っちゃうのね。
ショックの受け方が違うんだな…。

ハイパー桃城タイム。
桃城 「たんたかたーん、たんたんたん牛ターーン!!」
牛タンネタ、きたーー!!(笑)
お客さんに牛タンゲームって知ってるか?俺とやろうぜ!みたいに振る。
ただ“タン”で手を叩くわけではなく口で“タン”と言うゲームになっていたので桃城の「牛!」と言う部分だけがマイクを通して聞こえてきたので妙にシュールになってました(笑)
ゲーム自体は桃城が間違えて終了。

カツオの髪の毛ネタは、カチローに責任転嫁。
海堂のひげは1本。
他校が出てきたとき、金ちゃんが言おうとするのにかぶって日吉や裕太がしゃべるからこらえきれなくなった金ちゃんが伊武に思いっきりかぶせてしゃべりだす。
そのときの木戸くんの演技がかわいかった〜(*´▽`*)

THIS IS〜の柳生は普通。
初回だから全体的にスタンダードな感じにしたのかも。
白石は少しリョーマに近づいてた。でもヒデに比べたらだいぶ遠い。
むしろなぜヒデはあんなに近くで言うのだろうか。
ラケット前に構えて横に動くところ、なんかハルだけあきらかに周りと違う動きをしてるように見えて「あれ?」って思ったら、翌日に近くで見たらその理由が判明しました。
確かに動きが全然違った。見間違いじゃなかったよ(笑)

【On My Way】
りゅーきがたいとにハイタッチしようとするんだけど、たいとは両手を出しまたままなぜか後ろに下がっていって。
それがなんかこう“おにさんこちら〜”的なやりとりで、りゅーきはどうにかタッチしようとたいとを追いかけて「えいっ!」って感じに両手を突き出しようやくふたりの手のひらぱちん!
えぇぇなんだそれふたりともかわいすぎるだろ…!!

【F・G・K・S】
立海とライバルズが一列に並んではけていくときに、オッキーが後ろから前にいるくぼたに向かってラケットブンブン振り下ろしてました。
くぼたにそんなことして大丈夫なの!?とちょっとびっくりしたのはここだけの話(笑)
オッキーといえば、振りが結構普通だったかも。
前はもっと舞台の上でも激しかった気がするんだけど…気のせいかな。

舞台降りのとき、上手側にしゃがんで手を振っていた辻ちゃんが最前列前を歩いていた翔太を捕獲して、二人で肩組んで手を振ってました。
ほんともう5代目黄金自重…最高だよあなたたち!!
対して下手側ではマサ、兼ちゃん、しんごによるジャンプ練習会のようなものが開催されてました。
マサ華麗にジャンプターンするのをみて残りの二人がそれをやる、みたいな。
お客さんへのアピールはなかったけど、ある意味とても目立ってたよ(笑)

2階席だと下に降りたキャストが何をしているかわからないから、悲鳴が上がると非常に気になるね。
まあおそらく主な原因はオッキーだろうけど(笑)

あと友人から聞いた話で、FGKSで知人の男性が一緒にいた女性と一緒にハルに向かって手を振ったら、それを見たハルが一瞬ビクッとして挙動不審になったそうです(笑)
男の人に手を振られると思ってなかったんだろうね。
ハルかわいい〜(*´ω`*)

初回はまた改めて照明や全体の動きが見れたのでいろいろ思い出せて楽しかったです。



トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲