植原卓也バレンタインイベント

たっくんこと植原くんの初の単独イベント。
バレンタインデー開催でびっくりしましたが参加できてよかったです!



*************************

会場は段差のないフラットな座席。
こっちのイベントでもBLACK PEARLのチラシがおいてありました。黒執事のほうはまだチラシ出来てないのかな…。
昼は席がかなり後ろの方だったので見えにくいかと思ったんですが、ちょうど横が通路で前の人がかぶらなかったから案外大丈夫でした。
そして夜の部はまさかの最前列。…なんか、軽く死にましたよ(笑)


開演前に、会場内での飲食撮影禁止といういつもの注意があって最後に“植原卓也初めての単独イベントなんで一緒に盛り上がってください”みたいなアナウンスが入り、これで会場が一気に盛り上がりました。あみゅはこういうところうまいね。

オープニングはたっくんのダンス
ひそかにやってくれないかと期待していたらしょっぱなにかましてくれてすごくうれしかったです。
動きにキレがあってシャキシャキしてるたっくんのダンス、やっぱりすごい。
夜は音楽に合わせて歌詞を口ずさんでいたり、途中でくちびる舐めたりしてるのが見えて「うひゃあああ!!」って気分になりました。
めちゃめちゃカッコよかったよ!
ダンスが終わると「水飲んできまーす」(夜は「ちょっと休憩!」)と言って退場。
そして暗転した会場のスクリーンに“卓也とデートした気分になってください”とバーチャルデートの映像
……え、マジですか?(動揺)

まず、たっくんの車に乗り込むところから。一緒にドライブですね。
もうこの時点で、なんかいろいろと心臓がヤバイ(笑)
何か好きな曲をかけて?というたっくんに
『卓也の好きな曲でいいよ』 ←映画のような字幕
たっくんセレクトの曲(確か洋楽)を流しながら、今度CD貸すし、来日したときは一緒にライブ行こう、と誘われました。

車を走らせ、着いたのは中華街。
世界一の肉まん?をみつけてはしゃぐたっくん、早速購入してひとくち。
『おいしい?(字幕)』と聞かれ、もぐもぐ食べながら、
植原 「ふぉいひい!」
口に物を入れたまましゃべらない! ああでもめっちゃかわいい!!
そしてカメラに向かって食べかけの肉まんを差し出す。
……それはもしや「あーん」ってことですか?←動揺再び

あとはタピオカココナッツミルクを買って「これめっちゃうまい!」と喜んだり、俺中国語ちょっとしゃべれるよ〜と言うたっくんに。
『何かしゃべってみてよ』
植原 「……ウォーアイニー」 ←予想通り(笑)
『どういう意味?』
植原 「あー…あとで調べて?」
本当にこのバーチャルデートクオリティ高すぎるな!
極めつけは、
植原 「ねーなんか寒くない? ……はい。手、つなご?
この瞬間、割れんばかりの黄色い悲鳴が会場に上がりました。

続いて公園でまったり。
たっくんは子供の頃やんちゃで、ジャングルジムの上とかではしゃいでた。
側で遊ぶ子供たちに向かっていきなり駆け出すたっくんが子供みたいで可愛かったです。

次はコスモワールド。
『一緒にジェットコースターに乗ろうよ』
植原 「今日は我慢して。今日はねー、これ!」
示した先は観覧車(表示時刻 4:44)。
って、ちょっと待て! その表示時間絶対狙ったでしょ!
観覧車にのって、なに話そうか?何でも聞いて?というたっくん。
『どんなファッションの女の子が好き?』
→ その人に似合っていて、無理してない感じがいい
『理想のカップルは?』
→ どこに行くとか決めなくても自然に過ごせる感じ

デートの締めは横浜の夜景。
大阪人のたっくんは夜景に感動。
あれさっき乗った観覧車だよーてっぺんまでいったね、みたいに笑うからこっちもなんだかほんわかしました。
最後は、つらいことがあっても一緒にがんばろう。また一緒に来ようね!と笑顔。
こんな感じでバーチャルデートは終了。

直後にステージに照明があたり、小脇に謎の巨大サイズプーさん(本人ブログのツーショ写真参照・笑)を抱えたたっくん登場!
昼の衣装はダルメシアン模様のジャケットと白のインナー+黒のパンツで、夜は黒のジャケットに中が白シャツと黒ベスト、下は多分昼と同じ黒のパンツ+ブーツでした。
初イベントということで若干緊張してるっぽいたっくん、デート映像がどうだったか気になるようで。
植原 「俺が観覧車を指しただけで笑いが起こってたやん」
それはあの表示時間(4:44)のせいです。←

はじめてのソロイベントというのがうれしいらしいたっくん。
植原 「るいとのDVDにちょろっとでるわけでもなく……どーりと一緒のイベントでもなく、俺だけです!」
沸き起こる拍手。きっとみんな待ってたよ!

小脇に抱えたものは今日の相方だそうで椅子に座らせて自己紹介して?と促すたっくん。すると。
「はい、どうも〜」 ←明らかに変声機通したうさんくさいおっさん声(笑)
名前はバレン・タインちゃん。あの声で“バレンちゃん”とかすごいわ。
調子どう?と聞くと「ちょっと緊張してますわ〜」というバレンちゃん。
植原 「じゃあ今日は一緒にがんばろうなー」
バレンちゃん 「せやね、がんばろか」
植原 「なんでいきなり上からやねん!」
いいツッコミだ(笑)
このあとも何度かバレンちゃんに振るけど、バレンちゃんが反応するまでに微妙な間があってたっくんがいつも「もうちょっと、反応早く! 調子狂うわ〜(笑)」と言ってました。
夜は席が近かったせいでいろんな細かいところが見えて、それこそ登場直後の一人しゃべりのときなんか抱えているバレンちゃんの目をいじりながらしゃべってたから、緊張してたんだねえ…。


バレンちゃんの紹介を済ませ、着席してまずはフリートーク。

【昼の部】
植原 「今日は妹の誕生日なんですよ。あとは…佐藤も誕生日だね」
あ、知ってたんだ!
身内の誕生日と一緒だったりすると忘れないよね。
会場内にも2月14日が誕生日の人がいたので、みんなで盛大に拍手。

たっくんのバレンタインの思い出。
FROGSのDVDでキャストそれぞれのバレンタインの思い出を話すコーナー?があって、そのDVDを家で見てみたら
植原 「俺の部分だけきれーにカットされてた!」
そういえば確かにたっくんだけなかったような…(うろ覚え)
植原 「でも思い出ないからいいんやけどー」
ちょっと自虐的なたっくん(笑)
まあホントは過去に最高10個もらったことがあって、学校で知らない先輩や後輩からもらったのだとか。
植原 「なんか突然知らない人からもらったから『え、チョコくれるの? ありがとう! でもあんた誰?』ってなった」
そのときに先輩とか後輩っていいなーと思ったそうな(笑)
でもせっかくもらったチョコを食べるのがもったいなくて、どれから食べようか悩んで飾っておたらいつの間にかその存在を忘れてしまい、結局期限が来て食べられなくなった。
植原 「ほんま俺、最低やんなー(苦笑)」
あと、自分にくれるのかと思ったチョコが実は一緒にいた友達宛てだったときが切なかったという話も(笑)

小学校のときにはわざわざ家にチョコを渡しにきてくれた子がいて、でもそのときたっくんはまだ帰っていなくて、帰ったらお母さんから「○○ちゃんと○△ちゃんが来た」と言われ、自分からそのチョコを受け取りに行ったことがある。
植原 「その子の家にオカンと一緒に行って『○○ちゃんいますかー?』てチョコ受け取って……もうめっちゃはずかしかった」


【夜の部】
植原 「昼の部参加してくれた人います? (手を挙げる人を見て)あ、めっちゃいる!」
わたしもその中の一人ですが、たっくんがうれしそうでなにより^^
今回のイベントのグッズはいろいろこだわって作ったもので、ブレスレットも今つけているんだよーと言って見せてくれようとするんだけど、シャツの袖に引っかかってなかなか外に出てこない(笑)
しばらく袖から出そうとチャレンジするけど、結局途中であきらめてしまいました。でもそのときの一生懸命な動きがかわいかったから私的には満足(笑)


トークの次は、メンタク(本人公言略称)で没になった写真紹介コーナー
植原 「メンタク……メンズタクヤね。パクってないですよー全然パクってないです

1枚目はカラフルな衣装で直立ジャンプ(すごく反っている)。
植原 「めっちゃ反ってますねー。しかも真顔やし。どーり、俺の真顔好きなんだよねー
いきなりどーりの名前が出てきてちょっとびびった(笑)
2枚目はピンクのパーカーを着ている写真。
服屋の店員になった友達から貸してもらったパーカーだそうです。似合ってる!
あとは黒いスーツの写真や、理由はわからないけど大笑いしている写真など。
植原 「これなんで笑ってんのやろ。どーりが『カレーおいしかった』とか言ってたんかな」
また出た、どーり(笑)

1枚目と同じカラフル衣装で開脚ジャンプをしている写真もありました。
植原 「これ下にトランポリンとかないですからねーすごいジャンプ力でしょ?」
ちょっと自慢げなたっくん。ジャンプして!と言われるけど
植原 「今ジャンプしたら(ズボンの股が)ビリっていくから! そんな穴開いた状態でイベントすんのイヤやし!」
でもちょっとだけジャンプしてくれたけどね。サービスいいなあ^^


続いて、メンタクでは厳選50問だったのでそこで答えられなかった質問に今答えちゃうぞ!なコーナー。

【昼の部】
・たっくんはいい匂いですか? 何かいい匂いのものがあったら教えてください
これどういう質問?と不思議がりつつ、香水などはあまりつけない、洗濯のときにいい匂いのする液体を入れるからその匂いという回答。
つまりたっくんは柔軟剤のフローラルな香りってことでいいのかな。

・卓也くんの月給はいくらですか?
この質問のときがそれまでで一番盛り上がった(笑)
植原 「これ知ってどうすんの! 教えられません(笑)」
次のはちゃんと答えるから、というたっくん。次もとんでもないのがきたらどうするんだろうと思ったら。

・テニミュのオーディションで他に何の役を受けましたか?
実はたっくん、最終選考までずっと白石で受けていたという新事実発覚!
ええぇぇぇマジで!!??
それがなんで謙也になったかは上島先生に聞いてください、とのことでした(笑)
ちらっとエクスタポーズをしたので会場から「やってー!」といわれるけど
植原 「やらないよーだって春川に悪いっしょ」
夜の部でもチラっとこの話題が出たんですが、そのときは
植原 「やんないよ、恭亮に悪いから。…てか恭亮なんて初めて呼んだ(笑)」
初の名前呼びを本人以外の人が聞いてしまったよ(笑)


【夜の部】
・どこに行ったら会えますか?
舞台やイベントに来てもらえたら会えますよ、と。
植原 「ていうか、その日自分がどこにいるかなんてわからんし」

・今日のパンツの色は何ですか?(HN:佐々木)
植原 「おい佐々木! 佐々木ー!! なんやねんこの質問!」
会場にいたであろう佐々木さんがちょっぴりうらやましくなった瞬間。←
でもナイス質問☆ 結構これ聞く人多いよね。
ちなみにこの日は黒(後ろ向いて確認してました)。しましまでも水玉でもないただの黒だそうです。

・卓也くんは何で出来ていますか?
植原 「こっちが聞きたいわ!(笑) 逆にあなたは何で出来ているんだっていうね」
結論としては『やさしさ』。バ○ァリンなうえはらさん。

・髪を短くしたきっかけはなんですか?(HN:引いたり押したり)←
植原 「ちょっと待って! みんな笑ってるけどそれ質問じゃなくてこっち(HN)でしょ!?
その通りです(笑)
ここで「引いたり押したりやってー」という会場の声。
最初は否定するも結局やってくれるたっくん、やさしーなー。
途中でお客さんがカウント入れ始めたりして
植原 「ちょ、待って! 俺いまやろうとしてるんやから!(笑)」
というわけでセルフカウントで最初から実演してくれました。
生で『引いたり押したり謙也です』を見てしまった…ちょっと感動…!←

髪を切った理由は100%パッチギ。
でも一回切ったあとで演出さんに「まだ長い。まだいけるよね? 君ならいける!」と言われさらに短く切ったとか。
今はだいぶ伸びてるけどハンサムのときはホントに短くてびっくりしたからね…。

・HGの調子はどうですか?
スタッフの質問の選び方がステキすぎる(笑)
そしてこスクリーンに表示されたHGのフォントが若干大きかったのは気のせいではないはず。
どう応えたらいいかわからないというたっくんに「HG抜いてー!」←会場の声
植原 「なんでここで抜かなあかんの! 自分の抜きなさい」
まあ、HGの調子はいいってことで。

・うっぴーが謙也を演じて恥ずかしかったこととかありますか?
植原うっぴー!? 新しいな…」
ノリでうっぴーでーす!と言ってみるけど直後に「なんか弱そう」と自滅するのがかわいかった(笑)
質問の回答は、恥ずかしかったことはない。役を演じているから恥ずかしくはないんだって。あえていうなら、ヅラ装着前のネットを頭にかぶせている姿が恥ずかしいから見られたくない。
植原 「バクステとかなんでわざわざネットかぶっている姿のを使うんだっていうね(笑)」

これ以外にもいろいろ面白い質問があったようで、たとえば『たっくんに羽根があったらどうしますか』とか。
植原 「そんなん、飛ぶしかないやろ! 飛ぶ以外に何が出来る?」
会場 「飛び方はー?」
植原 「飛び方!? 知らんわ(笑)」
たっくんファンのクオリティもハンパない。


質問コーナーのあとはある意味恒例の○×クイズ。
チョコ大好きたっくんが利きチョコをしたので正解したかどうかを○×で回答。
このためにちゃんと映像作ったんだからすごいよね。
ちなみに映像での服装が襟が大きく開いた黒のシャツ+眼鏡だったので内心狂喜乱舞だったことはひみつです。←

○×の紙は用意されていなかったので、それぞれ手で最初は大きく出してあとは胸の前で小さく○か×を作って、ということに。

【昼の部】
・LOOK → ○
・アンパンマンチョコ → ×

アンパンチョコと間違えたのは明治のミルクチョコレートだったかな。
最初に目隠しでお題のチョコを食べるんだけど、そのときの目隠しが変な目が書いてある眼鏡でそれがドアップで映るからめっちゃシュールでした(笑)

【夜の部】
・Melty kiss → ○
・明治ミルクチョコレート → ○
・GOCIVA → ×

夜の部ではせっかくバレンタインなんだからと大きく○を作るときに腕を頭にのせてハートっぽく、小さいのは心臓の前で手をハート型にする、というように進化しました。
1問目の答えをやってもらうと
植原 「わーおさるさんがいっぱーい^^ みんなそれがやりたかっただけじゃないよね?」
コラ! やらせたのはあなたでしょうが!(笑)

夜はキットカットやポルテなど食感が違うものが多かったからか割といいとこまで利きチョコできてたんですがね…惜しかった。
1問目が割と簡単だったからか、そのあとMelty kissを食べるたびにやたらいい発音+カメラ目線で「Melty kiss!」とささやくたっくん
…なにこれちょっとクセになる(笑)

2問目だったかでGODIVAを食べたときの感想が「なんだこれ……え、おいしい!」。
他のものが“サクサクする”とか“かたい”とか“苦味がある”だったから、
植原 「“おいしい”って(チョコの感想として)新しいよね」
ぼそりと映像の自分にセルフツッコミ。
そして3問目で問題が出たとき「GODIVA当てたらかっこよくね?」と言ったのに間違えてしまうあたり、さすがたっくん。ある意味はずさない男(笑)

利きチョコVTRの次はロシアンルーレットチョコクイズ
見た目では全く変わらない2つのチョコレート(なんとなくトリュフっぽかった)、片方はなんとマヨネーズ入り!
これをその場で1個食べて、おいしい方が当たるかどうかを○×で回答。
マヨ入りチョコとかどうやって調達したんだろう……スタッフいろいろ本気すぎだ。

結果は 昼 → ○ 夜 → ×

マヨチョコを食べてしまいしゃべれなくなるたっくんに、
会場 「だいじょうぶー?」
植原 「……マヨネーズ
会場 「おいしいー?」
植原 「…マヨネーズ
会場 「どんな味ー?」
植原マヨネーズ
返事が全部マヨネーズ(笑)
マヨ自体はキライじゃないけどチョコと混ざるとなんともいえない、ということでした。
食べた瞬間の微妙な顔がそれを如実に物語っていたよ…うん。

最後はじゃんけんで決着。
植原 「じゃあどうしようかな。向かい合ってもらってーでも見えないかな……あ、俺とじゃんけんすればいいのか!
誰とじゃんけんさせる気だったんですか!!(笑)
もう、たっくんグダグダ(笑)
最後まで残った人にはメンタク未使用フォト(サイン入り)のプレゼント。
夜の部では小さい男の子が最後まで残っていて、写真を渡す前にちょっと小芝居するたっくん。
渡そうとするけど「あれ、いない?」って感じでたっくんきょろきょろ → 下を見て「あっ!」と気づく → しゃがんで手渡し → ついでにハグ!
会場のいたるところから「かわいい〜!」という声が飛んでました。

さて、そろそろ時間もなくなってきたということで次にたっくんに会える機会を教えて欲しいというバレンちゃん。
宣伝はBLACK PEARLと黒執事、白百合兄弟。
黒執事はオリジナルストーリーなのでたっくんも楽しみだそうです。
白百合兄弟はどーりと一緒にDVDを見たという話に。
植原 「見ましたよ、一緒に俺の部屋で。あれはね…なんともいえない雰囲気になった(笑) だってつけたらこの二人が映ってるんだよ!?
というかあなたたち以外に誰がいる。←
ここをこうすればよかったというのは言ったけど、でもなんとなく気まずかったとか。
そりゃそうだろうさ。おもしろいなあドリタク^^

そんなこんなで、あっという間に締めの時間に。
植原 「バレンタインデー終わっちゃうねー…あとさとちゃんの誕生日も」
最後に再びさとうさん(笑)
初イベントすごく楽しかったから、また絶対やりたいと言ってくれました。
バースデーイベントとか他の人と一緒のでもいいからね、期待してるよ!

さてせっかくのバレンタインデー、たっくんからの逆チョコということで帰りにたっくん自ら手渡しでチョコレートをプレゼント。
うわーいやったあー!!
チョコの包装に使われたシールはたっくんデザインのものだそうです。
植原 「あ、でももったいないって俺みたいなことしちゃあかんで?」
そんなこといわれても実際食べられる気がしない。←

握手の順番は前列からだったので、昼はかなり時間と心の準備をする時間があってよかったです。
手渡しするときのたっくんは昼も夜も上着を脱いでいて、夜の白シャツ+黒ベストという格好が個人的にツボでした。たっくんベスト似合うよね^^
先に握手してからチョコをもらうので、握手の直後にほんの少しだけお話し。

昼は割とあっさりめに。
自分 「すごく楽しかったです。黒執事観にいくので頑張ってください!」
植原 「ありがとうございます^^」

そして夜。
自分 「さっきじゃんけんで負けちゃったんですよ」 ←実はマヨチョコまで正解してた
植原 「あーそれは残念でしたねー」
自分 「でも楽しかったです!」
植原 「はい」

いやあ…ド緊張+ベルトコンベアー移動でしたけど、なんとかかんとかしゃべれました。
近くで見たたっくんは本当にただのイケメンとしかいいようがなかったです。
で、さらに極上スマイルまでいただいちゃって…手はちょっと冷たかったけど、でも大きくてかっこよかったなあ。
また絶対、イベントやって欲しいです。

まさにハッピーバレンタインな一日でした!



トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲