The Game 〜Boy's Film Show〜 振替公演 (2)

前半からの続きです。



*************************

映像の感想が終わり次のコーナーかと思っていると、
司会 「さてみなさん……明日はなんの日でしょうか?」
一瞬、ポカーンとする会場。
だが次第にざわめきが起こり始め、
司会 「そう、明日9月24日は、柳澤くんの誕生日です!
素でびっくりするタカちゃんと大歓声に包まれる会場。
司会 「というわけで、みなさんでお祝いしましょう!
すると、下手袖からろうそく22本立つケーキの乗ったワゴンを押しながら、まさかのたっくん登場!
…このときの会場には全日程を通して最大の歓声が起こったかもしれません。もちろん自分も叫びました。←
そしてセンターに出される主役のタカちゃんより先に、ケーキを持ってきたたっくんに一番に駆け寄るどーり。
ホントわかりやすすぎる子……なんか、ちゅーするかと思うくらい近くまで顔寄ってたし。抜き撮りしたカメラGJ(笑)
たっくんの服装は下は昼の衣装とおなじだったけど、上はGameのシャツではなく無地のTシャツでした。

さてさて、今年で22歳になるタカちゃんへ会場の全員でハッピーバースデイソング♪
でもまだ、驚きのあまり現実感なさそうなタカちゃん、たっくんにずーっと「さっき昼終わったあと帰ったよね!?」って確認してました(笑)
そして唐突に何かに気づく。
柳澤 「あ、だから俺のマイクの名前の横にハートマーク付いてたんだ!
誕生日だからマイクも特別仕様だったみたいです。
実はたっくん、このサプライズのためにメイクを落とさずに帰ることになり、もしかしたらタカちゃんに「何でメイク落とさないの?」と疑問がられるかもと思ったのだが、当のタカちゃんは全く気にせず「あーお疲れー」と軽く言われて終わったそうで。
植原 「タカ、ひどいよねー…って、話聞いて!
たっくんが話している隣でケーキのイチゴをつまみ食いするタカちゃん(笑)
柳澤 「いやだって(誕生日は)明日だし、こんな、今日サプライズあるなんて……ねえ?」
植原 「あ、そうだ。ひとつ言いたいことあるんですけどいいですかー?」
さっきの仕返しなのか華麗にスルー。←
植原 「どーり!さっきの(フェンシングの)ダンス、あれ何!?
なんとここでプロデューサーからダメ出しはいりました(笑)
せっかく歌っている2人がそろったんだし「やってー!」と会場から声が。
すると不意に流れ出すあのイントロ。わかってるなあスタッフ。
そんなわけで、なぜかタカちゃんまでまきこんで3人で踊るフェンシング・ラブ♪
超ノリノリのたっくん、意外とできるタカちゃん、わけがわからずキョドるどーり(笑)
ぶっちゃけ、ダンス全然合ってない!←当たり前
しかし公人に「お前もいけ!」みたいに背中を押され、ついにはどーりもやけくそ気味にたっくんの真似して踊り始める。
いやあ、なんかすごいカオスを見てしまいました…(笑)
一通り踊りおわると、大歓声のなかぐったりする三人。
たっくんはこのあと行くところがあるからと、惜しまれつつも盛大な拍手を受けて退場。
…ここで下手にはけるとき、たっくんと航生が目を合わせて手を振りあっていたように見えたのは私の幻ではないと思っておきます。←
だって頷くタイミング一緒だったんだもん…(どこ見てる)

とまあ、こんな感じで。
以上、タカちゃんのバースデイサプライズという名でちゃっかり楽に出てきちゃったたっくん劇場でした☆


《一心同体LIVEゲーム》
相変わらず、るいとの変なおじさんはムダにうまかったです(笑)
Fit'sダンスもみんなかわいかった〜!
そういえば、あのダンスの最後で顔を正面に向けるとき、なぜかトムが一拍遅れていたのは……あれはわざと、でいいのかな?
もちそん素で遅くてもかわいいんだけど、毎回そうだったからあえてああしていたんだろう、と自己完結しておきます(笑)
振り向くときの笑顔、最高だった…!←所詮トム好き


《The Game トリビア○×クイズ》
前回同様のガチンコ勝負があったり、今回映画の撮影のためにイベント出演できなかった賀来(『ソフトボーイ』というソフトボールが題材のものらしい)がビデオ参加で問題を出したりで、面白かったです。
以下、順番はあやふやですがこんな問題が出たよ、というメモ。

22日昼
・オセロでおっぱいと言った回数は44回 → ×
 8月の時にも出た問題でしたが、正しくは41回。どんだけ言ってんの(笑)
・しょーごは輪投げを成功できるか → ○
 輪投げと言っても、フラフープとポールコーンを使った特大サイズ輪投げです。
・タカちゃんは『東京都特許許可局今日許可却下』を一発で言えるか → ×
 トムか誰かが試しに言わされたけど、言えてなかった。
・たっくんは『新春シャンソンショー』を一発で言えるか → ×
 めっちゃかっこつけて『新春シャンソン“ソー”』言ってたよ(笑)
・賀来からの映像問題「今、撮影をしているのは北海道である」 → ×
 正解は佐賀。どうも海辺で撮った映像のようで、うしろの風の音が非常にうるさいと出演者たちに不評でした(笑)
・トムが初めてみた映画はコナン → ○
・公人の得意料理はクリームシチューである → ×
 正解はオムライス。

22日夜
・神木くんは輪投げを成功できるか → ×
・じゃんけん勝負、しょーごはるいとに勝てるか → ×
 小声で「次、グーだせ」とるいとが言ったらほんとにしょーごがグーを出して負け。るいとが「素直だなー」と言っていたのがおもしろかった(笑)
・たけるは『東京都特許許可局今日許可却下』を一発で言えるか → ○
 文句なしに完璧!
・あっちゃんは『メール22通中20通ウイルス抽出中』を一発で言えるか → ×
 こちらも、試しに言わされたたけるは完璧でした。うーん、さすが…!
・賀来からの映像問題「今、自分が手に持っているものはソフトボールである」 → ×
 正解はサングラス。問題の意味がわからない!とキャストからツッコまれる。
・タカちゃんの料理の腕はプロ級である → ×
 何を基準にプロ級と言うのかが謎(笑)

23日昼
・るいとは輪投げを成功できるか → ×
・るいとは『魔術師が美術室で手術中』を一発で言えるか → ×
・賀来からの映像問題「オリンピック金メダリスト上野投手のボールを打ち返すことが出来たか」 → ×
 答えを言うとき、どうしても打てなかったことを言いたくなかったらしく小声で答えを言ったら、撮影していたスタッフに「え?」と2回も聞き返され、拗ねたように「打てませんでした!」という賀来がおもしろかったよ(笑)
・たけるは1分でルービックキューブを全面そろえることが出来るか → ×
 2、3面はそろっていたかもだけど、出来なくて悔しそうだったな〜。「じゃんけん負けてコレも出来なくて、今日の俺、見せ場ない…」ってちょっといじけていたのがかわいかった(笑)
・KING'S GAMEのチンドン屋の中に航生の父親がいる → ×
 むしろいたらびっくりだ。トムも問題出たとき苦笑していたし。実際は普通のサラリーマン。

23日夜
・たけるはルーキーズの撮影中週に6回ラーメンを食べた → ○
 多いときは月28回くらい食べたとか。いくらなんでも食べすぎ。
・ゆじろーは1分でルービックキューブを全面そろえることが出来るか → ○
 なんと59秒で完成! しかもそばで見ていたどーり曰く「一回『ミスった』って言っていたのにそこから立て直した」らしい。かっこいい〜!
・あっちゃんはマジレンジャーでマジレッドを演じていた → ○
 ぶっちゃけ、当たり前すぎてこんなん問題になるのか?と思ったんですが、やはり間違えた人はいたみたいで……よく考えたらマジって5年前だし、そりゃ知らない人がいてもしょうがない。大体、誰もがみんな自分みたいに特撮好きってわけじゃないしね(笑)
・賀来からの映像問題「スタッフとじゃんけんして勝つかどうか」 → ×
 実際のじゃんけん映像を見て「シュールだなこれ」と言っていたキャストたちが忘れられません。
・公人は輪投げを成功できるか → ×
 結局成功したのは初回のしょーごだけ。
・神木くんは『引きにくい釘抜きにくい釘引き抜きにくい釘』を一発で言えるか → ×
 途中まで言えてたんだけど、最後がちょっと惜しかった。
・公人は『新春シャンソンショー』を一発で言えるか → ○
 これ、ためしに言わされたトムでさえも成功したのに、なんでたっくんは言えなかったんだろうな…。
・ゆじろーとトムは「甘いものといえば」をせーので言ったら合う → ×
 8月は合ったらしいけど、今回はダメでした。ちなみにゆじろーが飴、トムはチョコ。
・るいとの部屋にはゴミ箱が2つある → ×
 ちなみにこれが最後の問題だったんですが、ここで最後まで残っていた小さい男の子が間違えちゃって、よほど悔しかったのかクイズの後に泣いちゃってました。

小さい子といえば、22日の夜だったかに小さい男の子がクイズで最後まで残ったんですよね。
1階席だったのですぐに舞台に上って、2階のお客さんが来るまで司会の方が名前聞いたり歳を聞いたりして、なんだか会場が微笑ましい雰囲気に(笑)
ある程度人が揃って握手が始まったんですが、これがまたキャストの個性というか“慣れ”がわかっておもしろかったです。
ゆじろーやトム、るいと、しょご、神木くんは腰をかがめて握手。
どーりは立ったまま握手してそのあと頭ぽんぽん。
個人的にすごいと思ったのは、たけるやあっちゃん、公人。
きちんと下までしゃがんで目線を合わせてから握手してました。
さすが特撮組は子供との握手に慣れているな〜、って思いました(笑)


トリビア○×クイズのあとは年末のイベント告知、明日への旅人のライブ、そしてキャストからの挨拶。
千秋楽の時に、しょーごが順番をとばされてしまって司会者の人にオイオイ!ってなったりもしましたが、みんなそれぞれ楽しかった、パワーをもらったなど個性的な挨拶でした。
そして、最後はたけるから。
自分のせいでイベントを中止にしてしまったことがとても悔しくて、いろんな人に迷惑をかけてしまって落ち込んだこともあった。
でも自分の体調のことを一番に心配してくれるコメントやメッセージをもらって、またこうしてイベントをやることが出来て自分はすごく幸せ者だと感じる。
だからこれからもみんなのためにがんばりたいし、応援してくれたらうれしい、そんな感じの挨拶でした。

どんなに体調管理をしても病気はなってしまうものだから仕方がないです。
だから今、彼らがこうして元気にみんなの前に姿を見せてくれることが幸せなんだと思いました。
いろいろあって大変だっただろうに、向こうは出来る限り最大限の努力をしてくれました。
テニミュ好きな人、カエル好きな人、特撮好きな人、役者好きな人…ファン層がバラバラなのにあんなに一体感が味わえるイベントなんて、そうないんじゃないかな。
そんな彼らの熱意がこっちにも伝わってきたから、すごく楽しかった!と言い切れるイベントになったんだと思います。
最後の最後、退場の時までみんな笑顔でお辞儀をしたり手を振ってくれたり、すてきないい子ばっかり。
たっくんなんてグレルポーズのサービスまでしてくれたしね(笑)
みんな、ありがとう。
DVDでのメイキング映像も楽しみにしています♪


 前半レポ




トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲