舞台『戦国BASARA』

  • 2009年07月11日
  • 舞台  

言わずと知れた超有名ゲームの舞台化。
会場はヒーローショーなどで使われる新劇場Gロッソ。
アクション協力がJAE。
さてコレで一体どうなるのかと思ったら……こう来たかー!って感じにすごいことになっていました。




**************************


噂には聞いていましたが…… 9割が殺陣というのはマジだった!(笑)

そもそも情報が出たときに、久保田政宗は絶対似合うと思いました。
衣装をつけた写真を見て、その考えは間違っていないと確信して。
そして、実際に見たらまぁ……いろいろ想像以上。
「あぁん?」 「ハッ!」 「俺だァ!」 「行くぜ!」
上から目線命令系セリフのうまさが半端ねぇ!(笑)
例えて言うならべ様にガラの悪さ4割り増し、みたいな感じ。
なんでキングはあんなにチンピラな雰囲気が似合うんだろう。
そのくせ素はめっちゃバカ。←褒めてる
先に観た人の感想で真田の発音が“しゃなだゆきむら”に聞こえるという話があり、確かに一ヶ所そう聞こえるシーンがあったけど、そこ以外も私の耳には“さぁだゆきむら”に聞こえたので、これはマイクなのか滑舌なのか言い回しなのか…さてはて。
殺陣は刀なので容赦ない斬り方がかっこいいですよ。
空気抵抗率高そうな兜はさすがに最初と最後のちょっとだけ。
顔が見えるからかぶっていなくて良かったと思う。
刀6本もちゃんと持った。うん、あれは、がんばったと思う(笑)

トモカズくん as 小十郎。
政宗と並んだときの身長差がよかった!
足が長くて顔が小さいから、正面より少し斜め気味にスッと立つ時が一番かっこいよかった。腹心ぽい感じもでてたし。
小十郎の衣装は上着の裾が長くて、少し動くだけで裾が舞うからアクションが見ごたえあった、かも。
途中で城門?扉?を蹴破るときの足がやたらチンピラっぽくて面白かったです(笑)

片岡真田。
熱い! かわいい! 熱い! カッコイイ!
……そんな感じ(え)
槍をぶんぶん振り回すのでとにかく派手に見えるのがいい。
彼は立ち回りの最中で槍が二本に増えるシーンがあり、そういうところで舞台装置をうまく使えた数少ない存在かもしれないね。
しかし途中からやたらヒロインになっていたのはなんなんだろうか。
幸村がピンチになるたび颯爽と助けに来る佐助や政宗がやたらヒーローでなぁ…あれは惚れるぜ。私が。←
とりあえず、幸村はいい腹筋でした。

鯛造くんの蘭丸、おこちゃまでかーわいいー!
イノリやら悟空やらワンパクキャラを演じることが多いよね。
得物は弓のはずなのに接近戦が多いのがびっくりだよ(笑)
佐助 as 村田さんはキャラが好きでした。
お調子者ぽいけど、ちゃんと幸村のこと心配しているし助けてくれるいい兄ちゃん。
そんなちょろちょろちょこまかな動きの蘭丸と、うおりゃあ!な動き(どんな)の佐助。
この二人どっちも体術メインで動きが大きいから1対1の戦いがかっこよかったー!
基本蹴り技って目を引くし、二人ともちゃんと足上がるから尚更。

そして蹴りといえば、特筆すべきは濃姫 as 長澤さん!
もう何度となく、あのすばらしいおみ足でがしがし蹴りをかまします。
スリットから丸見えの太ももがたまらーん!!←
信長を「かずさのすけさま」と呼ぶ声がかわいかったです^^
愛だねぇ〜。

明智 as 谷口さん。
キャラクター的には、なんか狂気の人?らしいですね。
演じている谷口さんが「明智の狂気」についてかなり深く考えていらっしゃったので、どういう風に作ってくるのかすごく楽しみでした。
蘭丸との絡みがいちいちねちっこいと言うか小馬鹿にしているというか舐めくさっているというか、とにかく「コノヤロー!」って蘭丸にちょっと同調しながら観ていました(笑)
背中を丸めながら鎌持って歩く姿は、ただ歩いているだけなのに妙な怖さがあり、笑う時の表情が愉悦に満ちていてすごかったです。

信長様 as 窪寺さんは……えーと、ロボ?←たぶん違う
確かに威厳はあったけど、見た目強そうだったけど…でもなんだろう、私的には少々迫力が足りなかったような気がしました。
鎧が動きにくそうだったのと、得物が若干ハリボテっぽい(苦笑)
仕方ないんだけどね、でかい刀がそう見えちゃうのは。
ブリミュも最初はシャケだったのさ。←


ストーリーはほとんど無いような感じだったのでとにかくアクションを観ろ!という構成。
ま、それくらい割り切っちゃったほうがこの題材は作りやすいでしょうね。
でももう少し殺陣少なくても良かったかも。ダラダラしていたわけじゃないけど、長い。
でも最後の決戦あたりで、冒頭の殺陣と同じものをやっていたのは好きでした^^


あ、そういえば。
11日は佐助役の村田さんの29歳の誕生日で、カテコのあとに挨拶がありました。
カテコでお辞儀が終わったら、幸村がおもむろに一言申し上げたい、と言って佐助に掴み掛かり、
「佐助!お前に言いたいことがあるんだ!! ……誕生日おめでとう!!
で、会場がわー!って拍手している間に幸村は一旦後ろに下がり、ろうそくに火が付いたケーキを持ってきました。
火が消えないようにうちわで風をガードしながらそろそろ歩いてくる姿、妙にかわいかったよ信和くん(笑)
ろうそくを吹き消した後はケーキを受け取って、挨拶して……お約束の顔面ケーキ☆
ちょっと何やってんのー!と信和くんがツッコむと、
「違うよ、お辞儀したらちょうどそこにケーキがあったんだよ」
村田さん、面白いなぁ。
床に散ったクリームはあとで本人がきちんと片付ける、とおっしゃっていました。ごくろうさまです(笑)
そして最後にキャスト全員で礼! で、終劇!
最後のお辞儀をしている時、信和くんが後ろ手に持っていたうちわをパタパタぴこぴこさせていたのがかわいかったです。
このカテコのおかげで、幸村とうちわというアンバランスな組み合わせがが妙にツボに入りました(笑)
信和くんの株もあがったよ!←


というわけで、ざっと記憶に残っているところを書き出してみました。
ステージの内容的にはDVDを買うのちょっとためらうんですけど、でもそれなりに面白かったしバクステも入るっぽいのできっと買っちゃう気がします。
パンフレットも通販始まったら買わないとね…(苦笑)






トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲