高崎翔太&辻本祐樹ファン感謝トークライブ

午前の2年生コンビに続いて、夜は5代目黄金ペアです。
再び、MC馬場くんの開演前の注意からスタート。



**************************

昼のトシ&アキと同様に、後ろの扉から登場した二人が通路を通って降りてきました。
ステージ前ですれ違い、かとおもったら思い切りハグ!
会場に悲鳴が上がりました(笑)


・仲良し3人組
ばばりょ 「いっつも一緒なんですよここ」
辻本 「そう、まさか馬場くんが司会をするなんて思わなかったから」
ばばりょ 「だから今日はMCっていうより普通の友達会話になりそう」
個人的には、むしろそれが聞きたいと思ってしまいました。
ここでも何度か、左手を右の二の腕に当てながら上にあげる仕草が出てきました。
ラジオをやっているから翔太はトークの腕が上がった、という話題だったかな…。


・5代目頑張ろう会でのトシのサプライズ誕生会
辻くんが買い物に出ている間に、ばばりょと翔太の二人でかなり本気のサプライズを考える(だから実は、辻くんはサプライズをすることを知らなかった)。
ネタとしては
ばばりょ 「実は翔太、冬出れないんだよ〜」←もちろんウソ
翔太 「そうなんだよー残念だよねー」
ばばりょ 「でもね、ほらせっかくのトシの誕生日だし?」
翔太 「そうそう、お祝いだし? おれ、がんばって出ちゃおうかな!」
…みたいな感じ。
でも気づいたらトシが風呂に入っていて、どうしよう!?ってことになり、仕方ないからそのまま全員で風呂に突撃(しかもドアを開けたら一度トシにぶつかったから「トシ、ちょっと下がって」と指示)して「ハッピーバースデー!」&クラッカー攻撃。
ばばりょ 「あの時トシ、顔洗ってたね」
翔太 「顔が真っ白だった(笑)」
最初のネタよりもよほど面白いサプライズになっている気がしますよ。


・たこ焼きパーティー
ばばりょ 「これね、このときちょっと事件があったんですよ」
翔太 「そう、誰かさんが……」
ばばりょ 「たこ焼き奉行が……
顔を背けた辻くん(笑)
辻本 「だってたこ焼きで遊ぼうとするから」
翔太 「遊んでないよ!」
実際は、失敗したたこ焼きがころんと転がってしまって、それをとろうとしたけどうまく楊枝に刺さらず、たこ焼きつんつんしていたのが辻くんの目には遊んでいるように見えてしまった、ということらしいです。
でもそれが許せなかった関西人・辻本。
辻本 「たこ焼きで遊ぶなーー!!!」
と、怒鳴ってしまったそうな。
ばばりょ 「辻ちゃんがあんなに怒ったの初めて見たよ」
翔太 「いつも優しいし、怒ったの見たことないからびっくりした」
辻本 「だって人が一生懸命焼いているのに遊んでるんだもん」
ばばりょ 「しかもこの時、(翔太のアパートの)大家さんに「うるさい!」って怒られた後だったのに」
辻本 「怒鳴っちゃった」
そして、うるさくしたお詫びに、たこ焼きごちそうしようと大家さんを呼ぼうとしたそうです。
この話を聞いて、やっぱり辻ちゃんは大石なんだな〜と思ったのはおそらく私だけではないはず(笑)


・中野ブロードウェイ
3人ともフィギュア大好きなので、夢中になって大量買い。
辻くんに至ってはテニプリのカードで自分(大石)と自分が菊丸が大好きだから、黄金ペアのカードを買い占め。
辻本 「多分、今あそこに大石と菊丸のカードはないんじゃないかな」


・二人の仕事について
ばばりょ 「いきなりテニミュから始まっちゃったけど、本当はこれをききたかったんですよ」
MCしっかり(笑)
翔太はテニミュが初仕事。なにもかもが初めてだから、最初はすごく緊張していた。
翔太 「初日とか本当にひどくて、でも辻くんが思いっきり背中バーン!って叩いてくれたら、緊張が取れました」
辻本 「あれ意外と効くんですよ。それからは本番前はみんなしてお互いの背中バシバシ叩くようになりました」

翔太は毎週のキラキラRADIO+、11月に舞台出演が決定したという話。
そしてついにブログ開設!
辻本 「名前は『SHOUTA-PARK』で」
翔太 「そう、SHOUTA-PARK……」
ばばりょ 「それでいいの?」
翔太 「え、はい」
本当にいいの!?って思っていたら、あとでまたブログの話になったとき辻くんに「SHOUTA-PARK」と言われて。
翔太 「いえ、高崎翔太ブログで」
あっさり否定しちゃいました。

ばばりょ 「辻ちゃんは〜いろいろやってるよね。金八先生とかー」
辻本 「いやいやいや(得意そうにふんぞり返る)」
ばばりょ 「あと他にも、ちりとて…?」
辻本 「いやいやいやいや(やっぱり得意そうに以下略)」
ばばりょ 「あー“どや顔”になってる、“どや顔”」
辻本 「いや、ちょっとやらせないでよ。恥ずかしいんだから」
“どや顔”ってなんだろうと思ったら、なんか四天宝寺のネタみたいなものらしいですね。得意げな顔ってことなのかな。
辻くんのちりとての中で一番好きな落語は自分がやったもの(題名忘れました)。5分くらい実際にテレビでも演じたから印象に残っているそうです。


・氷帝戦の話
常に一緒だった黄金ペア。
翔太 「お風呂もベッドの中でも一緒だったからね」
辻本 「そうそう、お風呂もベッドも……って、オイ!」←ノリツッコミ
客席爆笑。

一幕ラストの雨のシーン。
辻本 「あそこ僕のところだけ天気が悪くてどしゃ降りなんですよ」
翔太 「僕はぬれてません」
辻本 「最初、あの雨、冷水だったんでものすごく冷たかったんです。でもスタッフさんが後から気づいてくれて、後のほうではだんだんお湯が出るようになって『あーいい感じー』って思いながらやってました」
いや、シャワーじゃないんだから。
そして幕が下りて休憩に入ると辻くんはすぐに着替え。ゆえに彼には15分の休憩は全くない(笑)
着替えるときには誰もいない部屋をひとつ使って、時間がないから一度丸裸になってから着替え。
でも3日目?のときに同じように全部脱いで着替えようとしたら
辻本 「誰もいないはずの部屋の中に気配を感じて……あれ、誰かいる?って」
楽屋だから当然、全面鏡張りの部屋の中、ほぼ全裸の状態で中をよーくみまわしていると……なぜかそこに樺地役の鷲見さんが
辻本 「一緒にいたスタッフさんに『いますよね…?』って言ったら『いますね』って。でもどうしようもないからとにかく全部脱いで着替えました」
何を言うわけでもなく、ただ無言で背中を向けてその部屋にいただけだったという鷲見さん。謎です。

『シンクロ』のときのラケット回しやこぶしコツンのしぐさは最初はなくて、実は5代目の二人が後から作った振り付け。
ラケット回しの話はキララジで話していたので知っていましたが、まさかあのコツンまで作ったものだったなんて…これ聞いたときは会場がどよめきました。
4代目も5代目もそれぞれ細かいところが違って、お互いにいいところを盗みあってつくったのがあの『シンクロ』。
だから振りの中には4代目が作った部分もあるそうですが、どこを作ったのかは教えてくれませんでした。

そしてゴールデンといえばコンテナシーン。
ここのコンテナの話をしていた時「おーい」とばばりょからツッコミが入ったんですが、それが何度も何度もするから「なんでそんなツッコミするの?」と思ったら、なんとここでスペシャルゲストが登場。
2階席から舞台に向かって呼びかけるトシとアキの姿が!
実はさっきの「おーい」はばばりょではなく、2階席にいたトシとアキの呼びかけ声だったことが判明。
ずっと二人でしつこくよびかけたのに、みんなばばりょがうるさいとしか思わずに誰も気づかなかったというオチ(笑)

その後二人も舞台上に降りてきて、5代目が5人勢ぞろい。
なぜかトシだけマイクが違って(数が足りなかったんでしょうね)、コードがつながっている演歌歌手みたいなマイクでした。
それを見たばばりょが「かっこいい!なんか歌って!」とはやしだしたり、アキのインナーが“JUNONBOY”だということをバラされたり、とにかくにぎやかにトークが進みました。
普段の5代目の雰囲気って、きっとこんな感じなんだろうな。
それが垣間見れて楽しかったです♪

特別ゲストのトシとアキが退場してから中断されたコンテナ話に戻ります。
一番の名場面は?というので、翔太の声が出なくなったときの話。
これもキララジで言っていたものですね。
ばばりょ的には、ここがゴールデン・ペア最高の名場面。
他に氷帝戦の話では、5代目全員で大浴場に入りに行ったこととか。
ばばりょ 「なんか裸の話とか……いろいろギリギリなのばっかりだね」


・立海戦のこと
立海には負けないよ!という決意表明。
辻本 「馬場ちゃんは兼ちゃんに負けないようにね」
ばばりょ・辻くん・兼ちゃん、実は同い年(!)
兼ちゃんとごはんを食べに行ったときばばりょは「いいお兄ちゃんだな〜(※同い年です)」と思ったそうです。
でも、その後DL6thの稽古に入ったら
ばばりょ 「『俺が真田だ文句あるか』って背中で語っているんですよ」
さすがというかなんというか…。
黄金は試合があるのかどうかすら定かではない(夏がどこまでやるかわからないから)。でも、いいものをつくる!と言ってくれました。


【質問コーナー】
・今の仕事をしていなかったら何をしていましたか?
翔太 → アパレル。バイトをしていたこともあるから。
辻本 → 10歳のときからこの世界にいるから、役者以外考えられない。
ばばりょ曰く「辻ちゃんは役者一筋」。


・お互いを動物にたとえたら何ですか?
翔太 「えっと、馬場くんはー…ペガサスだよね」
なぜかいきなり振られるMCばばりょ(笑)
翔太がなぜペガサスかという理由を説明してくれたんですが、馬に挟まれていて行動がなんたら〜だった気がします。思い出せない…(汗)
そしてなぜかペガサスネタを披露することになるばばりょ。
翔太 「みなさんも一緒に言ってください。いきますよー。せーのっ、ペーガーサースー(↑)」
ばばりょ 「フライアウェイ!」(華麗なポーズ付き)
な ん じ ゃ そ ら (笑)
……ちゅぱかぶら、よかろーもんに続くばばりょの新たな世界を見てしまいました。←
このネタで盛り上がっているのはここの3人だけだと言っていましたが、DL6thのバクステカメラを見つけるたびにこのペガサスネタをやったそうなので、こうご期待!ですよ。

で、本題。

翔太 → 猫
まず菊丸が猫っぽいし、翔太自身も猫のイメージがある。
途中で猫のモノマネ?をさせられることになり「翔太だニャン♪」(手のポーズもつけて)
これを見た辻くん、どうもツボに入ったらしく「臨終の時にはコレを思い出してからあの世に行くよ」と、なんだか満足げな笑みを浮かべていました。

辻本 → カンガルーのお母さん
理由は、おなかの袋の中で子供を守ってるから。さすが青学の母ってとこですね。
辻くんもカンガルーのマネをさせられましたが、カンガルーの鳴き声なんてわからないから、考えた末に「祐樹だピョン☆」
恥ずかしがってたけど、かわいかったです。


・馬場くんと辻本くんは料理がうまいですが、高崎くんに得意料理はありますか?
ナポリタンとオムライスが得意(本人談)。
翔太 「でも誰も信じてくれないんですよ!」
ばばりょ 「この間のパーティーの時に作ってくれればよかったじゃん」
翔太 「だって、あの時は……たこ焼きがあったから……」
ばばりょ 「じゃあ今度ね」
会場から「ブログに写真載せて!」と言われ、
翔太 「そっか、ブログってそういう使い方があるんだ」
ひとつ学んだようです。


・お互いの直してほしいところは?
辻本  → ご飯を食べた後に口元にケチャップがついていること
翔太は「後で食べるの!」と言っていましたが、後でって…(笑)
かわいいんだけど、やっぱり直してほしい。

翔太 → くせっ毛
ばばりょに「見た目!?」とツッコまれてました。中身じゃないんだね。
翔太曰く、辻くんはストレートだとカッコイイけど、一緒に美容院に行って髪の毛くるっくるになっている姿を見たら「がっかりした…」。
それを聞いた辻くん、ストレートにすると宣言しました(笑)


・辻本くんが怒ることってありますか?
翔太ばばりょ 「……たこ焼き?」←ハモリ
再び顔を背ける辻くん(笑)


・告白するときのシチュエーションを教えて
お互いを相手に見立てて、という指定だったので実演してくれました。

辻本ドライブで夜景のきれいな場所に連れて行って告白
シチュエーションは車中。
辻本 「ぶっちゃけ…俺のことどう思ってる?」
翔太 「え…? じゃあ辻くんは、私のことどう思ってるの?」
辻本 「俺は……」
と、次の瞬間。
キスするかのようにがばぁ!っと翔太に覆いかぶさる辻くん。
会場大絶叫(笑)
翔太 「もう、私が辻くんのこと好きじゃなかったら、ハ・ン・ザ・イ☆」


翔太今どきの子らしく、メールで告白
お互い自分の部屋にいてくつろいでいるという設定。
すると、いそいそとメイクし始める辻くん。
翔太 「え、普通でいいよ」
辻本 「今から出かけるんだからメイクしないと」
翔太 「まだ連絡してないし…これからメール送るから、テレビでも見てて」
辻本 「あ、そうなのんだ。じゃあ…」
今度はテレビをしながら椅子から転げ落ちそうな勢いで腹を抱えて笑う女の子になる辻くん。
翔太 「……そんな子に告白したくない」
辻本 「えーなんで!」
翔太 「だから普通でいいよ。何もしないでて」
仕切りなおして、翔太がメールを打ち始めました。
内容は『今日は、楽しかったね。アイスのとろけるような食感が…とてもよかったよ。(途中いろいろあったけど忘れちゃいました・汗)だから君と、アイスとコーンのような関係になりたいです』みたいな、いかにも翔太らしいちょっとふわふわした文章。
一方、送信されたメールを受け取った辻くん。
読んでひとこと。
辻本 「翔太……会いたいっ!」←ええーー!!(笑)
アイスの食感という部分にばばりょが「触感!?」とツッコミを入れていました。

ついでなので、ばばりょも強制参加。
多分場所はホストクラブ、翔太と肩を組んで座るばばりょ。
お客の翔太がばばりょにならいくらでも貢ぐと言うと、
ばばりょ 「俺と辻本、どっちを選ぶんだ? 答えろよ」
翔太 「それは……」
すると、脇で見ていた辻くんが乱入。
辻本 「ちょっと! 私とその子(翔太)、どっちを選ぶの?!」←アレ?
私、辻くんもホストで翔太が選ぶのかと思ったんですが、いつの間にかばばりょが選ぶことになっていました。
まあ、最後は翔太を選んで辻くんはフラれましたが(笑)

ばばりょの芝居が終わってから、今ちょうどミュの稽古(ワークショップ)で即興芝居をやっているからやたら芝居が濃くなってしまったともらす辻くん。
確かにどれも、小芝居の域を超えていた熱演で面白かったです。


【言ってほしいセリフ】
・「肉汁を何だと思っているんだ!!」
本物の奉行登場しました(笑)

・「俺たち、ゴールデン」「ペア」「だ」「から」
いきなりだったからか、めっちゃぐだぐだでした。

・「大石、お待たへ!充電完了だよ〜ん!」の一連の流れ
ルド戦のセリフきた!と、テンションあがりました。
こういう風に歴代のいろんなセリフが聞けると楽しいですね。

・「俺様の美技に酔いな!」
ばばりょ 「トシとアキの時はエクスタシーを言ってもらったので、今回はコレで!」
なんちゅう無茶振りをするのかMCばばりょ。
……いや、楽しみですよ。
エクスタシーがすごかったんで。

まずは辻くんから。指パチ付きでかっこよく決めてくれました。
辻本 「うわ、これ気持ちいいー! いいなあ、まーくんもゆーきくんもこんな気持ちいいことしてたんだ。いいなー和樹君」
確かにビシっと決まると気持ちよさそうですよね。

翔太はうまく指が鳴らせず、足でドンッと鳴らすのをパッチンの代わりに。
若干はずかしがっていたのか、やり切れていないかな、というちょっと可愛いめの酔いな、でした。

そしてばばりょ。やっぱり巻き込まれるMC(笑)
ばばりょ 「ア〜ン? ……俺様のブギに…酔いな!」←
会場爆笑。
辻本 「待って、今『ブギ』になってなかった!?」
ばばりょ 「……最初の『ア〜ン』で全部使い切っちゃったんだよ」
どうにもイマイチ決まらないところがばばりょクオリティ。


…とまあ、以上、トークショー本編はこんな感じでした。
あとは抽選会と休憩はさんで3ショット撮影会。
写真を取るのだけで精一杯で、二人に何を話したかよく覚えていません…あ、でも翔太にはブログ頑張って、だったかな…。
間近で見た二人、あまりまじまじとは見れませんでしたが、とにかく辻くんはかわいくて顔が小さい!
翔太は顔立ちはっきりしてて、かわいいけどかっこいい、と思いました。
途中で休憩が入って、ばばりょとサブMC美香さんのトークがあったんですが、このときはもう自分脳内メモリーパンク寸前だったのでほとんど覚えていません(笑)

撮影会後の挨拶。
今回はちゃんと、ばばりょはステージ脇にいました。
3人からそれぞれてひとことをもらって、イベントは終了です。
最後の最後、ばばりょの「ブラックな翔太が見れて〜」と言う部分で笑いました。
キララジで垣間見ていましたが、確かに翔太の場合は天然で何も考えずスパッと言っちゃうとブラックになるんですよね。でもかわいい(笑)
追加のイベントが決定しているお二人、こんなに楽しいならもう一度参加してみたいなって思いました。
なんたって、MCばばりょですしね(すっかりハマった・笑)

楽しい時間をありがとうございました!



トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲