延山信弘&林明寛ファン感謝トークライブ

青学5代目桃城役の延山くんと海堂役の林君のトークライブです。
オフでも仲がいいとうわさの二人が一体どんなトークをしてくれるのか、メインMCが手塚役の馬場くんというのもあり、すごく楽しみでした。

以下レポ。フィーリング読み推奨(笑)




*************************

まずはMCばばりょによる開演前の注意から。
ずっと細い手塚だな〜と思っていたけど、実際間近で私服で見てしまうと本当に細いですねばばりょ…。
トシとアキは会場の後ろから登場。
2ヵ所ある通路をそれぞれ歩いて降りてきてくれました。
中央で一度タッチをしてすれ違い、舞台上へ。
あんなに近くで二人を見たのがはじめてだったので(ステージ自体にそんなに高さがなかった)、かっこよくて見惚れました。


・それぞれの経歴
ばばりょ 「トシはもうアーティストとして活動してて」
これを言われたトシが「いやいやいや」みたいに照れているのがかわいかった。
あれで18歳だなんて…びっくり。
そしてアキは役者を目指す男の子(笑)
ばばりょ 「でもほら、アキはいろいろ(左手を右の二の腕に当てながら上にあげる仕草をして)……ね?」
アキ 「(同じ仕草をして)…ね!」
どうやら『腕を上げた』ということらしく、この仕草はこの後何度も出てきました。流行ってんのかな?(笑)


・トシは寂しがりや
いつも皆に泊まりに来ないかと誘う。
トシ 「寮だから、ひとりでさみしいんですよ」
ちなみに今日(13日)は聖二くんが部屋で寝ている。
怪我をして右手がうまく使えないトシの代わりに夕飯を作ってくれたり、洗濯物を干す手伝いをしてくれた、と言ったら。
ばばりょ 「それもう彼女じゃん!
今日はトシの方が出るのが早かったから、今もきっと聖二くんは寝ている。
ばばりょ 「じゃあ鍵は?」
トシ 「たぶん……開いてるんじゃないかな」
ばばりょ 「無用心だなー!」
合鍵渡したんじゃなくて少しほっとしました(笑)
その後も仲良しエピソードを披露するトシに
ばばりょ 「ねえ結婚式はいつ?」
トシ 「あ、来年…」
ばばりょ 「俺も呼んでね」←

自分も遊びに行きたいというアキへ「じゃあ16日にね、親交深めようね」とトシ。
こんなところで約束しちゃったよ(笑)
トシの家で遊ぶのはもっぱら64、でスマブラ。
ただしトシがめちゃくちゃ強い+そればかりやっているので次第に誰も遊ばなくなる(笑)


・地元大好きな二人
福井は魚がおいしい、といつも言っているアキ。
しゃべっていると方言がいろいろな混ざってしまうようで、トシ曰くばりばりの福井弁は聞いたことがない。ゆえにアキの福井弁はエセ関西弁(by トシ)
トシ 「俺のところ(大阪)は、割と田舎?」
アキ 「うち(福井)に比べりゃぜんぜん都会だよ!」
ばばりょ 「アッキーは海と山どっちで育ったの?」
アキ 「それは海と山がお互い…」←!?
ばばりょ 「お互い…もう自然が親なんだよね」
アキ 「両方がそれぞれ親みたいなもので」
ばばりょ 「海は全部つながっているからね」
……すごく不思議な会話でした。さすが馬場の間(違)
そんな中トシは「お互い」発言がツボに入ってしまい、しばらく笑いっぱなしに。


・二人でダンスの特訓
アキの家の駐車場?で夜に練習していたら通行人に変な目で見られた。
その時ラケット代わりに使ったのがゲーセンでとったケンシロウの腕のおもちゃ(しかも振ると「あたたたたた!」と叫ぶ・笑)
それを持って本気でド真面目に練習して、完璧にマスターして翌日の稽古に臨んだら。
アキ 「練習したダンス部分まるごとカットされました
うえしませんせい…!!(笑)
でも、振りや演出が急に増えたり減ったりというのはよくあることだそうです。


・トシの実家に遊びに行ったアキ
二人の実家は意外と近いらしい。
アキ 「多分車で2時間半くらい…」
トシ 「それは近すぎだよ」
アキ 「普通に行けばそれくらいだけど、道に迷ったから3時間くらいかかったんだよ」
それでも十分近いと思います。
アキ 「大阪だから、たこ焼きどこがおいしいですかってトシの家族に聞いたら、お父さんもお母さんもお姉さんも全員が言うことみんな違くて!」
トシ 「基本しゃべりたがりだから、自分が!自分が!って主張するの」
アキ 「自己主張が強すぎて、何言ってるか全然わかんなかった(笑)」
結局、父親の威厳をもってして独断で決定。
その後、アキの家からお礼にと大量のおそばを贈ったのに、ほとんどトシがひとり食べてしまったとのこと。


・『不器用ッスから』の振り
練習中、ラケットをギターに見立てて踊るところ。
「ロックっぽくやってみて」といわれてアキが思うとおりにやったら、明らかにノリすぎて暴走状態。
踊り終わって周りを見たら、みんながポカーンと自分(アキ)を見ていて、先生も「それはやりすぎ」と。
その暴走ぶりを二人に実演してもらいましたが、本当にヒドかったです(笑)


・アキの夢遊病事件
地方公演(福岡?)で乙紘くんと同じ部屋に泊まったとき。
なにか夢を見ていたらしく気づいたらホテルの廊下にぽつんと立っていた。
時間は午前4時(早っ)。
部屋に戻ろうとしたがオートロックなので、外からは開かない。
アキ 「この張乙紘ってやつがまた全然起きなくて」
ばばりょ 「フロント行けばいいのにね」
アキ 「今にして思えばそうなんですけどね(笑) そのときはテンパってたからとにかくどこか開いているところはないか探したら、廊下の先でドアが少し開いてるところがあって、そこがアキシンさんとTakuyaさんの部屋だったんですよ」
なんで夜中にドアが開いていたんでしょうね。気になります。
でも本気で困っていたアキはこれ幸いとばかりに勝手に中に入ってそこのソファで寝て、朝になって目が覚めたらTakuyaがアキに上掛けをかけようとしところで「なんでいるの?」と言われた、というのが顛末。
どこかで聞いた話だと思ったら、SQの対談で話していました。
でも実際に本人の口から聞くとすごい事件ですね。


・立海戦へ向けて
夏がどこまでやるかわからないけど、桃城はリョーマとのやりとりを見せたい。
海堂は、はじめは自分に勝つこと…自分が勝つことしか考えていなかったのに、四天宝寺あたりからチームのことを考えるようになってきたというところ、そして歴代で一番強い海堂を演じなければいけないからがんばる。
ちなみに。
ばばりょ 「俺は、2試合やるのか気になってます」
そりゃそうだ(笑)


【質問コーナー】
・最近のマイブーム
トシ → ビリヤード
ただし腕にかなり波があり、一度も相手に打たせず勝つ時があれば、その逆もある。
それからダーツもよくやる。マイダーツ持ち。
アキもダーツセットは持っているが、ゲーセンで取ったやつなので的にダーツが刺さらない。
なので今は的をアクセサリー掛けとして使用中。

アキ → ビーフジャーキー
トシから薦めてもらったものに未だにハマっている。…という話を始めたらいつの間にかトシが話の主導権を握っている状態に。
アキ 「ちょっと待って、今おれのマイブームの話でしょ!?」
大阪人は自己主張せずにはいられない(by トシ)


・自分が女の子として、青学メンバーの中で彼氏を選ぶとしたら誰?
トシ 「えー悩むー(かなり本気っぽい)」
ばばりょ 「トシは本命が多いからね〜」
トシ 「ちょ、そんなこと言うとまるでおれがホンモノみたいじゃん!」
アキ&会場大笑い。
トシ 「嘘!もちろん違いますよ(笑顔)」
結局すぐには決められないからアキから発表して、と振られる。

アキ 「俺は……龍輝かな」
ばばりょ 「待って、彼氏を選ぶんだよ?」
アキ 「だって龍輝かわいいですよ。守ってやりたくなるというか」
ばばりょ 「それはアッキーとしてでしょ? 自分が女の子、“林あき子”として考えて」
アキ 「じゃあ……ちょこさん(乙紘くん)。女として安心できるし頼りになりそう」
ばばりょ 「そう、青学の中で彼はちゃんと怒ってくれるんですよ」
アキ 「俺らがふざけてうるさかったりすると『うるさいよ、静かにして』って」
ばばりょ 「そしてそういうときに限って、一番うるさいのが部長なんだよね」←
ものすごく納得しました(笑)
他にもアキがステージを黙々と走ってトレーニングしていたら、ばばりょがちょっかいかけてきて二人で走っていたらスタッフにと怒られたいうエピソードが。
アキ 「俺はただ走ってただけで……部長がちょっかいかけてきたからなのに、俺も?って思った」
ばばりょ 「全部俺のせいなの?」
ばばりょはあきらかに間が悪い。
そしてアキがすっと龍輝がかわいいと言っていたらトシもそれに乗ってきて、龍輝のかわいいエピソードをひとつ披露。
以前、龍輝がトシの家に泊まりに行ったときの話で、最初は誘っても「えー?」って言ってたのにちゃんと来てくれたそうです。
で、遊んでいるうちに龍輝がなにも掛けないで床で寝てしまったので、トシがタオルケットを掛けようとしたら、その瞬間に龍輝がぱっと目を開けたものだから思わず見つめあう二人。
そして龍輝はひとこと「めっちゃ優しいやん…」。
そのときトシは「なんで関西弁!?」と思いつつも、うっかりキュンとしてしまい恋が芽生えそうになったとか(笑)

トシが自分を女として考えるなら、選ぶのは「ちょこさん」
ばばりょ 「大人気だな、あいつ」


・DL6thのブロマイド特典ポスターでトシの写真が変なものばかりなのはなぜ?
関西人ゆえ、ああいう風にカメラ向けられたりするとどうしても何かしたくなる。


・四天宝寺のダブルスで、ブーメランスネイクを打たれたときにラケットが飛んでいったりするアドリブは全部考えたもの?
トシ 「考えたのもあるし、ハプニングから生まれたものもあります」
ラケットが飛んでいったのは最初はハプニング。でもそれをネタにした。
あのシーンは二人とも本気でぶつかるからかなり痛い。


【言ってほしいセリフ】
・桃城の「どーん!」を韓国語で「クーン」
若干声小さめでしたが、がんばって言ってくれました。


・四天宝寺戦のセリフ「おかしいだろ!」
トシ独特の言い回しで、舞台上でこれがウケない日はなかったとか。
桃城と海堂で演じてくれました。やっぱり何度聞いてもおもしろいです。


・おむすびをもらったときのお礼をそれぞれの方言で
アキ 「あ、これ…福井の米だね」
トシ 「おっと落としちゃった。3秒ルール3秒ルール!」
方言というよりむしろネタ(笑)


・白石の「んん〜エクスタシー」を思いきり絶頂に浸りながら
ここでみんなの口からヒデの名前が出てきてちょっとテンションあがった私(苦笑)
トシはちょっと面白い感じになっていましたが、アキがめちゃくちゃカッコよく(しかもポーズつきで)言ってくれて歓声があがりました。
そしてやっぱり振られるばばりょ。
ばばりょ 「ちょっと待って! トシが面白くてアッキーがうまくて、俺はどう言えばいいわけ!?」
会場 「オチ!」←
ばばりょ 「えー!」
ばばりょはそういう扱い(いじられ役)がなぜか似合いますね。
でもなんとかがんばった結果、そこそこかっこよくなってました。


・それぞれのキャラクターのセリフで好きなものをひとつ
トシは氷帝戦から。
「すいませーん。久々な試合なもんで、うれしくって武者震いが〜」←振り付き

アキも同じく氷帝戦。
「え!? あ、そ、そっすね…」
とても微妙なところをチョイス(笑)
乾のウォーターフォールに対する返事ですね。

ついでにばばりょ
「次の立海戦、油断せずに行くぞ」


トークショー本編はこんな感じで、最後にそれぞれ次に向けての決意表明?をして終了になりました。
抽選会のプレゼントはサイン入りブロマイドと四天宝寺戦仕様の覆面マスク(サイン入り)、アキのサイン入り海堂着用モデルバンダナ、トシのサイン入り桃城着用モデルリストバンド。
もちろん私は当たりませんでした。当たった方、おめでとうございます!

少し休憩を挟んだ後、ゲストとの3ショット撮影会が開始されました。
撮影時の並びは二人の間に挟まれる格好です。
トシは基本ピースで、アキはお客さんがピース以外のポーズをとると自然にそれに合わせてくれていました。
私は面白いポーズが思いつかなかったので無難にピースサインで(笑)
握手のときにトシにはケガが大丈夫かという話をし、アキには「今日は仙台から来たので仙台公演が楽しみです」というのを言ってきました。

そして、撮影会が中盤に差し掛かるころ、頭上(二階席)から謎の呼び声が。
何事かと思って見上げてみると、そこにいたのは辻本くんと翔太+ばばりょ
まさか撮影会中にくるなんて思わなかったので会場騒然。
そこへ一言。
ばばりょ 「(優雅に手を振りながら)高いところから失礼します。…これ言いたかったんだー!」
お前、そのセリフは…(苦笑)

しばらく上でしゃべっていましたが、そんな高いところにいないで降りてきてとサブMCの美香さんに呼ばれ、3人もステージ上にやってきました。
きっとゲストに来るだろうとは思っていましたが、5代目が5人もそろうとやっぱりすごいですね…!
勢いで5人で写真撮影をすることになった5人。
椅子が4つしかなかったのでメインゲストであるトシ・アキ、そして辻くん&翔太が椅子に座り、座れなかったばばりょは4人の背後うろうろ
それを見た美香さんがぽつりと「これが馬場くんの立ち位置なんですねー」。
そうですね、そのとおりです。←
結局アキと辻くんを後ろからホールドするような格好で5人撮影。
辻くんと翔太は自分たちのイベントの宣伝をして退場しました。
ホントこのときは私服の5人が目の前できゃいきゃいしていて、すごーく目の保養になりましたよ(笑)

長い撮影会が終わるとゲストからのひとこと。
美香さんが「せっかくですからここでメインMCの馬場君からも一言をいただきましょう。馬場くん、どうぞー! ……あれ?
なんと予定では呼ばれて出てくるはずのばばりょがそこにいないというハプニングが!
美香さんが「馬場様ー?!」と呼びかけるも出てくる気配なし。
少ししてバタバタバタバタッ!って走る足音が聞こえてきて、駆け込みでステージにばばりょ登場。どうやらスタッフが呼んできたようです。
そして登場時の第一声。
ばばりょ 「おれ今、辻ちゃんたちとめっちゃいい話してたのに〜」
お前、仕事忘れんな!(笑)
まぁそんなハプニングもありつつ、このときついさっき撮影したばかり5代目5人写真をプレゼントというなんとも豪華なおまけ抽選会が開催されました。
あ、もちろんこれも当たりませんでしたよ?(笑)
もう超レアものですよね…当たった方がうらやましいです。

抽選が終わり、これでホントに最後の挨拶。
ばばりょは美香さんに司会上手だったといわれて「でもやっぱりむずかしい。司会の人ってすごいと思いました」と言っていました。
でも私も案外ばばりょMCよかった気がします。あくまで思っていたよりは、ですが。←
しかし最初に挨拶を振られたばばりょが最後のまとめ的にきれいに締めてしまったので「なんかやりきってますけどまだ二人いますからね」とツッコまれていました。
そんなイマイチ決まらないところがステキですばばりょ。
トシやアキもすごく楽しかったと言ってくれて、こっちもうれしくなりました。
長かったような短かったようなとても濃い時間をすごさせてもらって私は大満足です。
想像以上に面白かったので、またこの組み合わせでやってほしいですね。
MCばばりょ、クセになりそうです(笑)



トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲