ハロルド&モード

  • 2007年09月30日
  • 舞台  

三浦くんの主演舞台『ハロルド&モード』観てきました。

想像以上に切ない話で泣かされました。
まず、モードがすごく魅力的な女性。
ハロルドが惹かれるのもなんとなくわかる気がします。
最後に明かされるモードのバックグラウンドを知ると、どうして彼女がこんなにもハロルドを惹きつけるのかがわかります。
一方のハロルド。彼は彼で自殺を繰り返すのは愛されていることを実感したいため。
方法は歪んでいるけどある意味純粋なんでしょうか。
ふたりにはキスシーンがあったんですが、直前のハロルドのセリフ「初めて人を助けたいと思った」とつながってすごく切なかったです。
まさに「純愛」というものを見ました。

んで。
相変わらず三浦くんの泣きは素っ晴らしいです!
さすがは2列目、流れる汗も涙もばっちり見えましたよ。
カテコの時も泣きっぱなしだった三浦くんに、モードやお母さんが肩ぽんぽん叩いてるのが微笑ましかったです。






トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲