メモリーズ3

  • 2008年03月30日
  • 舞台  

『ゴキゲン!イカス!地下組織!』シリーズ第3弾。
笑いと涙が想像通りでありながら、その遥か彼方からやってきた感じです。

ダンスは相変わらずカッコよかった。
メンバーの中でばーちょんが一人ひょっこりと背が高いからちょっとバランスわるい気もしたけど、動きは揃ってたし問題なし。
元リーダーのお兄ちゃん、歌うますぎてびっくりでした。
純は前回よりもさらに出番が増えててうれしかった。寝てることが多かったけどそれでもいいよ(笑)

柳の役は重要ではあるけれど、メモリーズメンバーではないのでやはり少々目立たないかも。
よく考えたら彼の生演技をみるのは初めてでした。
やなぎは独特の存在感があるのでそこが不思議なところですね。
八神に関しては完全なる出オチに尽きると思います。
あの登場の仕方はダメだ。
あまりにもど真ん中ストレートすぎて思わず噴いた!(笑)
ネタの振り撒き具合がさすがですメモリーズ。
例のパロネタもまさかの配役ぶりがステキすぎ。
個人的大ヒットは「あごがサンバイザー」。
そのツッコミはねぇよ!!
しかし今回でジャパンネタが六右衛門まできてしまったということは、次回あるとしたら、まさか、フジ…コ…!?
まさかといいきれないところがおそろしいですメモリーズ。←超・褒めてる





トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲