ダブルブッキング!

  • 2008年07月27日
  • 舞台  

簡単に言うとタイトルそのまま、紀伊国屋ホールとシアタートップス、両劇場の舞台をダブルブッキングしちゃったお話。
役者が双方を行ったりきたりします。相当大変です。


【紀伊国屋ホール編】
昔ながらの「演劇」を貫く天空旅団。
とにかく勢いで客を世界に引きずりこむ、パワーで見せるタイプの劇団のお話。
しかしメインの演出家が亡くなってからその回顧的な部分が今では受け入れられず、客入りも閑古鳥になって…というところからスタート。
もう、とにかく熱いです。激しいです。うるさいです。←
気づくと空気に飲まれちゃう。
でもそういう演劇はもうはやらない。
二つの舞台が真逆の性質だから、どっちもわかるんです。
舞台の上で、別の世界を切り取るのか、それとも普段を自然に演じるか。
そういう葛藤が面白くもあり切なくもあり…案外深い舞台でした。

そうそう、観劇内容とは全く関係ないのですが終演後にとても驚いたことがありました。
終了後のロビーに、涼介君と渡辺大ちゃんとかずきと林のオサムちゃんがいたのです。
特に涼介君は階段降りたすぐのところにいたので、見た瞬間心拍数はね上がってその場から動けなくなり、私すごく挙動不審な人になってしまいました(笑)
それを先に歩いてた友人に見られ心配されましたよ。
大ちゃんも出口の前にいたので(かずきと挨拶してた)横切るときは緊張ハンパなかったです。
眼鏡かけてたよー! かっこよかったよー!
やっぱ芸能人はオーラがあります。
オサムちゃんとはすれ違っただけだったのに、わかった自分に拍手。←

今日は何一体の日だったんだろうと思いました。めっちゃいいもんみた!


【シアタートップス編】
こちらは千秋楽を観ました。
やはり両劇場(できるなら移動中も)見るべき作品だと思います。
何よりトップスでのみつさんは乱闘に参加して一言だけ発して退場。
戻るの早っ! さすが出演率5%(笑)
ストーリーならトップスの方が好きだけど、ノリと勢いは紀伊國屋。
かなり淡々と進むので、すっと世界に入れると思います。
こっちではこんなことが起きていたんだ、と思い返しながら観るにはちょうどいいというか……紀伊國屋側では、勢いに飲まれて自分の思考を巡らす暇がなかったので、これは先に向こうを観ておいてよかったんだ、と思いました(笑)


【移動中の人たち】
せっかくだから移動中の人たちを見てみようと思い、会場外で待っていました。
開演時間が過ぎてしばらくして、颯爽と走り去る慶太とスタンドフラワーを抱えた花屋が見れました。
小野君、本気で花持って歩いてた…あれで階段往復は大変ですわ。
というわけで?締めはやっぱこれで。

「天空旅団、だだんだだん!」





トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲