ミュージカル『学園ヘヴン〜ベルリバティ・プリンス〜』

もう…想像を遥かに越えて面白かった!
私は役者好きで観に行ったからネタもよかったし素直に楽しかったと思うけど、原作ファンはどうだったでしょうね。その辺、ちょっと聞いてみたいかも。

前説の人は毎回違うらしく、私が観たときは七条でした。キャラではなく素、です。
「飲食禁煙禁止」と言って観客に突っ込まれててかわいかった。
彼曰く、演技するより前説の方が緊張するそうです。
ちなみに一つ前の回を観にいった友人に聞いたら前説が中嶋役の二津君だったと。いいなぁ。
でも一番見たかったのは出合ちゃんの前説…。←

幕が上がってまず思ったのは、舞台が狭い。例えていうなら学芸会…?(ちょ
でも大の男7人並ぶと幅がいっぱいいっぱいでしたから。
でもあれで踊るんだからすごい。
王様の回し飛び蹴りはかっこよかった!
やっぱアクションできる人だからね。さすが!!
拡樹もすごく女王様だった。臣と並んだときの身長差がいい。
しかしなにより西さんがエライ本物っぽく見えて困った…いいのかあれで。いやいいんだろうけど(苦笑)
本当に、今までいろんな作品を観たけど、あんなまともに見れなかったのは初めてだったね。
と言いつつ出合ちゃんだけは常にガン見でしたが。
王様はいい癒し(兼お笑い要因)だった。
ありがとう出合ちゃん。貴方が王様で本当によかった^^
メインテーマのダンスで中嶋の襟の持ち方がちょっとおもしろかったです。

グッズはパンフとブロマイドを購入。
気付いたら3000円越えてたので、図らずもサイン色紙ゲットw
あとで俺が誰のサインか解読します。←
公演時間は1時間弱。ぶっちゃけ短いと思いますがまとまりはそこそこよかったのでいいかな。
というかあそこで切らないとますますもって微妙になっていたのではないかと。
この作品は、ストーリーよりも役者を楽しむために行ったのでまだなんとか観れました。
BGMにWellcome to HEAVENのアレンジが使われててちょっとうれしかったです。





トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲