すけだち

  • 2007年08月12日
  • 舞台  

コマ劇場は初めてだったのでどんな劇場かと思っていたら、舞台装置がすごかったです。
あの動きは青劇のブリミュのステージ移動の非ではない。
もうぐるんぐるん動くのがカッコイイ!
一瞬たりとも目が離せなかったです。

それから開演前のアナウンスが宮川大輔でした。
流石すべらない男、おもしろかったよ(笑)
演技もうまいしねぇ…うん、すごいわ。
ちょっと好きになりました。眼鏡だし。←そこか

上演前のアナウンスで、『チャンバラ歌謡ショー』といううたい文句がでてきたんですが、コレがまたすごくしっくりきました。
確かにチャンバラがあって歌があって笑いがあって涙もある。
立派なエンターテイメント、ですよね。

今回2回観たおかげでセリフを理解することとストーリーを追うこと、そしてアドリブ探しができました。
アドリブはまぁ…コントシーンくらいでしか無かったですけど、メイド(ギャル曽根)と閣下(宮川)のコント2回目で、閣下のツッコミでメイドのヘッドドレスはずれた(首にぶらさがった)にもかかわらず、そのままコント続行する二人がすごかったです(笑)
ハプニングにも負けない!それが生の舞台ってものさ!
なんたって11日の昼公演、DVD撮影だったのにスワン(北村さん)のマイクがはいらなくなるというハプニングもあったからね…。

にしても、銀河青年隊の名乗りとかみてると「栄治さんホントにハマリ役…」って思います。
あの腰つき、あの剣さばき(一瞬“蛇尾丸”に見えたのは秘密です・笑)ハマリすぎ。
ワッシーさんのオカママネージャー役もよかったし(bambino.2での彰吾を思い出して笑えたけど)、Takuyaと中川くんの双子は体型的にもぴったりのキャスティングだったと思います。
三浦クンと大口さんの役は閣下の側近だったけど、二人とも強烈なキャラでした。
特にソルマ(三浦くん)の「私は、こんなにも閣下を愛しているのに!」「私の愛の証をお見せします!!」はすごかったよ…。
リネザ(大口さん)は「またそんな役(裏切り者系)か!」って思ったけど、重要ポジションでオイシイ役だったし。

この話は登場人物が多い上に台詞回しも早いので、ひとつでもセリフを聞き逃すと若干伏線がわからなくなりますね。
ラストの方は、最初に何気なく言ったセリフを微妙に違うニュアンスでもう一度聞かせてたりしますし。それがまた泣けるんだ…!
ちなみに、私が本気で泣いたのはラストの中条(筧)のセリフ。
それまでとは全く違う雰囲気で、つぶやくように、聞かせるように、しぼりだすように話すそのセリフは…それまでずっとドラマの役に徹していた主人公が、その時に唯一“自分”に戻って言った言葉で、だから観ててもすごくぐっときて涙がこぼれました。

一見ハチャメチャなようで、ちゃんと流れはある物語で、終演後は「面白いものを観たな」という気分になりました。
うっかり時東ぁみのブロマイドまで買ってしまいました。
……いや、決してメガネッ娘だからというわけではなく(笑)
キャラクターも演技良かったしね、ちょっと好きになったんですよ。
もちろん男性陣は買えるだけ買いましたけど。





トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲