ぶるー・ブルー・バースデイ

  • 2007年06月24日
  • 舞台  

大口さん目当てで観にいったんですが、開演時間が近付くにつれ主演のいしだ壱成と中澤裕子を目の前で見るということに若干緊張してました。

あらすじは、
【ある日突然、スタンガンを手にダイナマイトを体に巻きつけて身代金を要求する男が家に押し入り、要求をのまなければダイナマイトを爆発させると脅す。その場に居合わせたのは3人の家族と2人の他人。彼らは一体どうなるのか!? 】
基本の流れが笑い⇔恐怖が交互にやってくる感じのほんのちょっぴりサスペンス。
こういう演出と脚本はかなり好きです。
大口さんは2人の他人の一人で、女嫌いの保険セールスマン役でした。
スーツ姿、めっさカッコイイよかったっす!!
眼鏡かけてたら私的にかなりヤバかったけど(笑)
幕開けしょぱなから、浮気性な妻(中澤)にあからさまに迫られて、それを必死に拒否してるのが面白かったです。

基本一幕劇なので最初っから最後までメインの6人はでずっぱりでした。
スタンガンは本物、でバチバチ放電しまくり。あぶないよー。
中澤裕子さんの本気の悲鳴がすさまじかったです。
…うん、気持ちは分からなくもない。私もちょっと怖かったし。
そしてまさかこんなところでお笑いのコントを見れるとは思わなかった。
私が見たのは全然知らないコンビだったけど(ヒドイ)、面白かったです。
日替わりゲストってこういうことだったのですね。
それから機動隊長が出番少ない割りにやたらオイシかったので役得だと思いました(笑)

思ったよりずうっと面白かったし、これはDVD買ってもいいかな〜と思いました。
さて、収録されるのはどのコントなのか…やぱり有名な人をいれるんだろうか?





トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲