ROCK MUSICAL『BLEACH』 No Cloud in the Blue Heavens

Bleeding moonからの続編です。

冒頭、TAIIN8人はやっぱり迫力ありました。
一護はどんどん歌が上手くなってていいですね。ゆーれるソウルソサエティー♪
檜佐木と東仙はキャラショットの時点から思っていましたが、マジ本物でした。
特に東仙は殺陣がいい。
砕蜂と夜一はくるくるくるくる舞台上を所狭しと回っていてすごかった。
第一幕の引き、後ろから迫るギンの影に「桃ちゃん逃げてーーーー!!!」 と本気で叫びたくなりましたよ。
あれ、何の恐怖映画デスカ?(笑)

第二幕。
ちょ、ヨン様がいるんですけど(笑)
乱菊ねーさんがいないのが寂しいですね〜。
桃が刺されるときのタイミング超怖かったし、天に立った藍染は心底悪役でした。
てかまたしても浮いちゃうんだ!

エピローグ。
藍染たちがいなくなったあとのみなさんのお話。
「れーんーじ!」って出てくる一護、めっちゃかわいいんだけど。
どうしようこのワンコ。
兄様のつぶやき後に流れる風の演出はよかったな。すべったように見せかけて実は野外への場面転換。
最後の曲がおそらく『No Cloud in the Blue Heavens』でしょう。
しっとり系できましたね。

カテコのあと、今回もありました『今日の一言』。
この回は、TAIINの学と岩下さん、ふたりで『もう一つの地上』の三番隊の真似。
そばにいた北村君、ちょーウケてた…(笑)
そして始まったライブショー。
TAIINの歌「月よ教えてくれ〜俺達は何番隊なのか〜♪
確 か に な !
『もう一つの地上』は“春爛漫”だっけ?(Dark of〜では“俺達だって歌いたい”だった)
人が増えれば歌も増えるのでまたまたまた長くなってましたよ〜。
『もう一つの地上』の後に何曲かあったけど……忘れちゃった(汗)
だって天に立つ3人組の歌が面白くて…!
置物の如くほぼ手しか動かない大口藍染と対照にキビキビ動くギンと東仙。とにかく東仙は動きよすぎ!カッコイイ!
サビは「カタルシスフォーエタニティ〜♪」
うっわぁ…どうしようこの人たち(苦笑)
この曲のインパクトがありすぎて、他の曲を覚えてないよ!
ライブショー後のカテコ2回目BGMは、BLEACH→The Dark of the〜→終わらない戦い→BLEACHのインストメドレー。
そして完結編にふさわしく『BLEACH』を全員でワンコーラス歌って、閉幕!

今回で内容的にも一つの区切りが付いたわけですが、次回はあるのでしょうか?
でもまぁまずあるとしたら、卍解SHOW第2弾のような気がしますけど(苦笑)





トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲