Knock.Out.Brother ‐2005Version‐

  • 2005年10月15日
  • 舞台  

テニミュで大好きになった大口さんが出演すると聞きどうしても観たくて行った初めての舞台。
そんな気合いのせいかどこを観てもとにかく熱くて、それでいてなんだか笑えて、でもどうにも切なくて…ホント、魂を揺さぶられました。

内容の方は結構ストレートにくる話で、セリフ回しも全編通してかなりスピーディかな。でもちゃんと聞こえたし、理解もできた。もちろんマイクありません。生声です。役者ってすごいですね…。
逆に、一番最初や途中に意識的に動きをスローモーションにして見せる演出もあったりして、緩急があったのはよかったし楽しめました。

最初は大口さんと白川さんと笠原さん目当てだったのに、主役の戦美(イクミ)・海美(ウミ)兄弟がかっこよすぎてさすがだ、と思いました。
生のアクションの迫力が桁違い。動きが曲とぴったりだし、全力の動きに加えて敵も味方もお互いに当たりも躱しも上手いから、全体が流れるようなバトルシーン。しかも2m以上あるセリから飛び降りるのがまたすごかったです。
いやーほれぼれしました。
公演一回しか観ないのはやっぱりもったいなかったかな、と思いました。
またやるなら是非観たいです。たとえメンバーが変わったとしても。
むしろ初演とか観てみたいかも。須賀さんの海美とかすごい興味あるので。

大口さん関係で印象に残ったのは初登場シーンでのチアリーダー、基本スキルは鹿児島弁で、お見舞いにいくときはア○ロ(パンチパーマのズラ付き)コスで見舞いの品はさつまいも。
なんかいろいろ想像以上でしたよ…。アム○では燃え上がれ〜♪も歌っちゃったしね。やっぱ歌うまいよ、大口さん。
とりあえず、ナースはコスプレじゃなかったんで残念。(え)

あとは、舞台の話というわけではないけれど、プライベートでも大口さんと白川さんが仲が良いのに激しくときめきました。
パンフの対談で、自分からは話さない(話せない?)で白川さんや佐伯さんに発言を促される大口さんが、やたらかわいかったです。





トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲