マグダラなマリア 〜マリアさんのMad(Apple)Tea Perty〜

  • 2008年11月15日
  • 舞台  

観劇後の気分を一言で言うなら、異空間に迷い込んだ気分。
これに限る(笑)
先に観た知人の感想が「歌唱力とダンス力の無駄遣い」だったけど、うまい言い方だな〜と激しく納得しました。

マジで涙でました。笑いすぎて。



*************************

観始めてぱっと思った印象は、マリアさんはとにかく全てがスバラシイ。
参りました。完敗です乾杯ですカチーン☆
ハンス@柊吾くんは初めて演技見たけど歌うまくてかわいい。
グレイス@津田さんは気持ち悪い(超褒めてる)。「ぐふふふふ」がすごい。
だがなにより私は、クララ@ヤスカの小悪魔美少女にK.O.でした。
…速き冒険者は一体どこへ行く気なんだろうか。
「いただきます」がノリノリだし、チューはねっとりエロイし、踊りは可憐だし…一流娼婦には文句のつけようがないですね。←
男役たちは、マリアさんのバックダンサーやってたときのけんぬの動きに釘付けにななりました。
や、フッキーも好きよ、彼の高速しゃべりはすごかった。
あの速さで噛まずに言い切ったフッキーは確実に神尾のときよりレベルアップしてると思えましたし。
でもね、けんぬの動きから目が離せなかったの…!
何、あの腰の動き。←どこ見てる


ストーリーはいい流れで楽しかったです。企みと勘違いとボケ倒し(え
一瞬の笑いが連続で怒涛のようにやってくるからある意味息つく間がなくて「ぐっ!」とか「ごっ!」とか「ぐふぁ!」とかいろいろ声に出してしまったけど、あの会場みんな声出して笑ってたから気にしません。←
その中でも一番キたのは一幕ラストのローズマリー@米原君&カール男爵@けんぬのデュエットでした。
二人を追うのに必死+笑いすぎて軽く酸欠になって歌詞が全く頭に入らなかったのですよ!!
世界は二人のために!(違)

この作品は初見のインパクトが最強だとは思うけど、DVD出るのでうっかり買っちゃうかもしれません。それくらいおもしろかったです。




トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲