ネオロマンスステージ『遙かなる時空の中で 朧草紙』

  • 2009年01月10日
  • 舞台  

9日夜と10日昼公演を見てきました。

9日は白虎の日!
チケット半券と同時に平日特典のカードをもらい、鷹通の姿を見ていきなりテンションアップした単純な人です(笑)
だがしかし、席に着いてから中身を確認したらなぜか鷹通と永泉が入っていました。
白虎の日なのだから鷹通と友雅じゃないの?と思いスタッフさんに言ったらカード自体は交換してもらえました。
でもレアな経験だったので、少し残念な気分にもなったり(笑)

グッズ売り場は思ったとおり列が出来ていました。
えー…テニミュも相当だと思うんですが、遙か舞台も段々と商売っ気がえげつなくなっているような気がします。
メイトグッズはまだいいんですよ。でも会場限定、明らかにリピーター狙いの後出し販売のブロマイドってどうなんでしょうね。
……まぁ買ってしまった私に文句は言えないですが。
17枚2000円はお得だと思うのです。←

内容については追記にて。





2回見て思った感想、内容は本編(キャラエピソード)のオイシイとこどり+泰明フィーチャー+キタムラテイストのお遊び(主にオリキャラの怨霊)って感じでしょうか。
鬼の一族が絡んでいるので、舞一夜よりも話はわかりやすいかもしれないです。
アクションシーンも増えたしね。
天真は前回同様闘うシーンは動きまくり。まぁ得物が無いから仕方ないのいだろうけど(笑)
あの蹴りは何度見ても惚れますわ。
今回は鷹通のアクションが減り、代わりに友雅がたくさん闘っていました。
受けて流す剣捌きはとても友雅っぽくてとてもいい。
特にシリンと対峙したときは、向こうが必死なだけに友雅に余裕の雰囲気が見られてよかったです。
で、鬼がいることで第三者になってしまったオリキャラの怨霊たちは癒し+和み+お笑い担当になっていまして。
終盤に怨霊たちがアクラムに戦いを挑んで向かっていき逆に操られてしまうシーンがあるのだけど、状況としてはめちゃくちゃシリアスなはずなのにみんな笑わずにはいられないとか、もうどんだけw
…怨霊ってもっと怖いものじゃなかったっけ?(笑)
でも彼らの存在こそが「舞台の遙か」を作り出していると思う。もうそれくらい舞台の遙か世界に馴染んでいます。
例えて言うならブリミュの隊員達。そんな感じ。

マルチ恋愛エピローグはそこまで恋愛色を出しているわけではなかったので、安心してみていられました。
私が見たのは詩紋と永泉。叶うことなら鷹通が見たかったよ…orz
ま、9日の平日特典で白虎の掛け合い場内「生」アナウンスが聴けたのでよしとしましょう。
アナウンスは開演5分前、開演直前、休憩前、終演後の4回。
実は鷹通、5分前アナウンスで2回噛みました。
それに対する友雅(というか半分寿里)のツッコミが早い早い(笑)
「鷹通、今噛んだだろう」
「私は『噛む』という言葉は知りません」
台本以外の部分、深読みすると大変萌えるアナウンスでございました。←

そうそう、1月9日は永泉役長谷部くんの誕生日だったんですよ!
カテコで泰明が巨大カピバラさん(と思われる1mくらいのぬいぐるみ)を抱えて出てきたときは本当にびっくりしました。
アンコールカテコのランダム挨拶の担当は寿里に当たったけど、べっきーの誕生日を全員で祝うことになり会場みんなではぴば合唱♪
小天狗ちゃんが持ってきてくれたケーキを見て「ロウソクというものはないんですか」とべっきーが言うと、「じゃあ、べっきーがふーってしたら20人倒れて!」という無茶な指示をする寿里(笑)
でもみんなロウソクの火のようにゆらゆらしながら、ちゃんとべっきーの息で倒れてくれましたよ。
一人、なかなか倒れないしぶとい人(誠冶郎さん)がいましたが、なんにしてもべっきー20歳おめでとう!

10日のランダム挨拶は誠冶郎さん。
しょっぱなに「リーダーシップを持つ2009」を宣言したおかげで、なにかっつーと「リーダー」言われてた。特に寿里。
誠冶郎さん、寿里、ゲンゴロウさんは年齢が近いからか本当に仲がいいですよね。
これからもこの人たちに遙かカンパニーをひっぱっていって欲しいです。

平日終演後のハイタッチは河野くん、やまださん、はっちーの3人。
全員ではないんですね。でも泰明はうれしい!
ハイタッチと言っても、しっかりぱちん!と手を合わせてくれたので「お疲れさまでした」と声をかけることができましたよ^^
ちょっと驚いたのが、3人目のはっちーとタッチしたとき。
合わせた手がすごく冷たくて、一瞬「え!?」って…なんか本当に『泰明』とタッチしたような気になって、ちょっとドキドキでした(笑)

今回、イクティダール役の方が急病で代役がたったのは少し残念だったので(もちろん代役の木村さんもすばらしくイクティダールでしたが)、いつか本役の方で再演とかあったらいいな、と思います。
イノリとイクティダールの絡みがすごくよかったんですよ。
最初はただ反発しているだけのおこちゃまだったイノリが、終盤でいい男になるのがもう…!
だからこそ、余計に再演を!そしてあわよくばファン感謝祭第2弾を!と思うのかもしれません(笑)
グッズ特典でリピーター獲得を狙っているようですが、私としては内容だけでも何度でも観たいと思える作品でした。


トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲