ミュージカル『テニスの王子様』The Treasure Match 四天宝寺 feat.氷帝 東京凱旋公演(5B)

盛岡で5Bを見て我慢できなくなって、結局観にいってしまった東京凱旋。
以下は、観終わってから自分を落ち着かせるためにぼちぼち書いていた凱旋の感想です。
最初に宣言すると、むちゃくちゃ長いです。そらもう自分でもアホかと思うくらい(笑)
中身はアドリブネタと主に四天、特に白石と財前のこと。
ミュを観る前の自分からは想像できないくらい(むしろ気持ち悪いくらい)あの二人が好きになったせいで、公演中は本気でこの二人しか観てませんでした。あと、謙也と千歳。
どうやらこの4人が絡んでいると私は幸せらしい(笑)

ということで時々微妙な視点も混ぜつつひたすら四天に愛を叫んでいる日替わりネタメモです。





******************************

◎30日昼 上手サイドシート(10列目くらい)◎


【忍足従兄弟の電話】
侑士が心を閉ざすネタ。
毎回思うけど、これ録音とあわせるの大変ですよね。水田君すごいな。


【本日の桜乃】
今回初めて上手に座ったので、やっと正面から顔を見られました。
…眉毛がつながっている桜乃だったよw


【桃城のおにぎりアドリブ】
「おにぎり、おいしかったよ。また作ってくれるかい。明日も、あさっても、ずっとおにぎり作って欲しいんだ!」
ストレートすぎて聞いてるこっちが恥ずかしい。


【橘 VS 千歳】
盛岡では全然意識していなかったまーの千歳。
「才気煥発の極み」と言うときの親指が気になる。ていうか笑える。
原作にあるからそのままやっているんだろうけどやっぱり心の中で大爆笑。


【オーダー発表前の暗転している四天ベンチ】
どーみても財前がイジられている。
発表のときに尻を叩く謙也に対して、盛岡のときの財前はぽそっとつぶやく感じだったのに凱旋になったらはっきり「マジ痛いっすわ」と、若干ナマイキに。
でも原作イメージだと財前ってこういうキャラだよね。クールでツンツン。
……さとちゃん財前の可愛さが異常なんだって。←


【四天校歌のダンス】
ヒデさんはさすが得意なものがダンスと演舞というだけあって、頭の位置が変わらない一本芯の通った軸のある動き。
そして構えのときは腰の位置を低く置くので足の開き方が尋常でない。
ただ立っているだけならカッコイイのに、白石で動くとどうしてあんなにエロくなるんですかヒデさん…。
千歳のあの身長であんな軽やかに踊られるとこっちがビビる。
財前はいろんな方が言っているけど、ホントにナイフだった。キレがいい。


【氷帝日替わりネタ】
日吉 「下克上等覚悟はいいかい!」
跡部・宍戸 「「お前の覚悟がな!!」」
このとき宍戸にキノコみたいといわれて、日吉大ダメージ。
2回目に出てきたときも、このダメージをかなり引きずっていた日吉が弱くて面白い。


【S3開始前】
不二に声援を送る桃城、ごまかしようがないくらいおもいっきり噛む。


【白石ソロ エクスタシー】
この曲はさぁ…ホント成人指定した方がいい気がする(笑)
ヒデの歌い方はセクシーを通り越してエロイです。
吐息を入れるな吐息を。なんなんだあの歌って踊る18禁。←

これまで見逃していた曲中ウィンク、やっといただきました。
跡部の美技ブギ投げキッスより威力あると思う(笑)


【D2 四天宝寺ベンチ】
謙也にネタが面白くないといわれる場面。
いつもは「先輩らマジキモイ」という財前に小春が絡んでいくんだけど、この時は小春がとんでもない無茶振り。

小春 「じゃあ光が何か面白いことやってみなさいよ!」
財前 「えぇっ!!?」

ユウジも後ろでやれやれーみたいに煽る。

財前 「(一歩前に出て)…ほな、しゃーない…っすわ! すわ! すわ! すわ!!

「すわ!」ごとに華麗にポーズを決め、最終的にスワンでフィニッシュする財前。
ベンチみんなポカーン。客席は笑いと拍手。
やってしまった感あふれてうなだれる財前に進み寄る謙也。

謙也 「……財前、お前なんか悩みでもあるんか?」

沸き起こる爆笑。

謙也 「向こうでちょっと話そか?」
財前 「……(うなずく)」

袖に消える二人の後姿を見ながら。

小春・ユウジ 「「……誰やアレ!!?」」

ホ ン ト だ よ (笑)


【2幕あたまの氷帝】
なにやら挙動不審な日吉。

宍戸 「おいどうした、若」
日吉 「……今そこで、変なやつに絡まれて」
宍戸 「どんなヤツだ」
日吉 「でかくて、白い学ラン着ていて、それで頭がつんつんしていて…!」←超動揺
宍戸 「おおおお落ち着け、若! (気を取り直して)だ、第3試合!」
日吉 「は、始まります」←動揺しっぱなし


【S3】
私の座った位置がサイドシートだったので、移動した四天ベンチは完全に見切れ位置に移動。
だがしかし、財前はベンチ上ではなくいつもセット脇に立っているので、うまい具合にセットからはみだした財前だけが丸見えというナイスなんだかそうでないのかよくわからない状態に(笑)
おかげでタカさんと銀さんの試合より財前の背中をガン見してしまいました。
自分、正直すぎる。


【D1試合後 整列前】
財前の「ホンマに先輩、退部しとってくれればよかったんや」に謙也が突っ込みを入れて尻をぺしって叩く場面。
なんか前に見たときより二人の間に距離があるなーと思ったら、財前がうまく位置をずらしたようで、謙也の手は尻に届かず腕をがしっとつかむことに。

財前 「……ふふん」←得意そうに腕をはずして整列
謙也 「ちょ、今、お前『ふふん』って!」

私はこんなふうにちょっとナメられてる謙也が好き。←


【カテコ】
四天トップバッターの銀さん、財前を姫抱っこしてきおった。
なんすかそのときめいていいのか拍手をするべきなのか激しく迷うシチュエーションは。
対照的に次の小春ユウジはさら〜っとおじぎして終わり。あまりにあっさりなのでなんか違和感あるなぁ(苦笑)
謙也と千歳は両側から駆けてきてハイタッチ。仲良し!
ダッシュしてくる金ちゃんには白石が毒手で対抗。ここの二人は親子みたいだ。
礼をしたあとにみんなを呼ぶと、電車ごっこみたいに肩に手を乗せながら楽しそうにやってくる四天メンバー。
しかし財前だけちょっと引きずられているのが、なんだか彼らしい(笑)


【F・G・K・S】
跡部と白石でWインサイト。か、カッコイイじゃねーか…!
舞台降りは、近くに来た順に海堂→カツオ→ユウジ。
海堂とカツオの記憶はほとんどないんだけど(笑)、ユウくん近くで見たらすごいキレイな顔しててびっくりした。
んで、踊ってて勢いあまったのかうしろ向きでバランス崩したのかはわからないけど、ちょうど私の列の端っこの人の背もたれに激突。
そのときの仕草がかわいくてちょっと惚れる。

このとき白石は上手センター側の通路で確か手塚とラケットを交換していて、それを偶然目撃した私は「いいもん見た!」とテンション急上昇。
しかしその後がもっとすごかった。
ユウ君とのポジションチェンジで白 石 が や っ て 来 た !!
サイドブロック最後列だった私の斜め後ろ、数メートル先にヒデが来ちゃったよ…!
いやもうあの一角、近づいてくるのが分かった瞬間からすんごい悲鳴が上がってた(笑)
そしてユウ君と同じく背もたれに激突してたのがなんかかわいかったです。
もちろん生声もいただきましたよ。ゴチです!!


【お見送り】
前説→小春・ユウジ

小春とどうしてもヨリを戻したくて「モノマネが似てたらヨリを戻してくれるか?」と必死なユウジ。誰のモノマネをしたのかは忘れたけど、結局「全然似てへんわ」と逃げられてしまう。

ユウジ 「小春とヨリが戻るまでお待ちください」

お前そんなに小春が好きか!!(笑)


お見送りメンバーはリョーマ・カツオ・小春・ユウジ・白石・財前・海堂、あと他に誰かいたんだけどはっきり覚えてない。
だってまさかの白石・財前ペアに脳内パンク寸前になったんだ!(笑)
1階にいてくれることを祈りながらお見送り列に並ぶと、手前からリョーマ、カツオ、そして 財 前 と 白 石 が い た !
心臓ばっくばくになりながら、思い切ってびしんをガン見して「スワン面白かったです!」って叫んできた。
そしたらしっかり目を合わせてくれて、超笑顔で「ありがとうございます!」って返された。

ああもうどうしようこの子すっげーかわいいほんとかわいいまじたまらんだれかくれ。←

びしんに釘付けになったおかげで隣にいたヒデをチラッとしか見れなかったけど後悔はないです。
ドリライで見られない分を補完したんだよ。



******************************

◎30日夜 下手後方サブセンター◎


【忍足従兄弟の電話】
今までにもあった英語ネタ。

侑士 「oh!トオヤーマキンターロ!」
謙也 「もうええわ!!(ぶちっ)」

このやりとりは何度見ても笑える。


【桃城のおにぎりアドリブ】
「おにぎり、おいしかったよ。明日も作って欲しいな。はい、めんたいこ!」
具を指定するんかいw


【氷帝日替わりネタ】
蚊ネタ。
日吉が「ピロ〜ン」と口で言って構え「ハァッ」って気合を入れて捕まえる。
羽音が止まったので日吉が「よし」って感じに笑うんだけど、また「ぷ〜ん」と音が。
仕留められなかったのがショックだったのか、日吉逃げ出す。
その後、取り残された宍戸は大量の蚊に襲われましたとさ。

2回目の登場時、蚊に刺されまくっている宍戸がおかしかった。
日吉は腕や体をかくなのに、宍戸はしゃべってる最中ずっと脛かいてるんだもん(笑)
跡部は最後にちょっとだけ首をかいてた。


【D2】
桃城と海堂がもみあって転がったあと

海堂 「お前それ俺のラケットだろ!」
桃城 「なんでお前のラケットなんだよ!」

先に拾ったのは自分なのに逆ギレする桃城に会場爆笑。
ここのやりとりってアドリブというより毎回ハプニングっぽいね。
盛岡だと「俺にラケットどこいった!!」があったし、昼は海堂のラケットを拾ってしまったらしい桃城が「ハイ!!」と叫びながら海堂にラケット押し付けてた。


タイムを入れた後の四天宝寺ベンチ。

謙也 「(メガホンでコハユウの頭を叩きながら)お前らイチャイチャしすぎや!」
ユウジ 「んなことあらへんよ!」
小春 「ねー。(改まって客席に向かい)今日の東京はいい天気ですねー」
客席 「そうですねー!」
ユウジ 「俺らはイチャイチャしてないとダメですよねー」
客席 「そうですねー!」
ユウジ 「ホラ見い!」
謙也 「アホか! 絶対引いてるヤツいてるで!」
ユウジ 「え、そうか? どこに? 」
小春 「じゃあ挙手制で、手ぇあげてー」
謙也 「(前に出てきて上の方を指しながら)あ、ホラあの辺に…」

ホンマか? おる? みたいに3人で言い合ってるところに。

白石 「おーい」←いつものきっかけセリフ

呼びかけるも3人はシカト。

白石 「オーイ!」

2回目のがちょっとキレ気味?で「お前ら人の話きけや!」という風にきこえた。
ここでは白石いつも絡まないから、ちょっと楽しかったです。


【2幕あたまの氷帝】
宍戸 「おまえ、下克上っていつから言ってた?」
日吉 「……3歳からです」
宍戸 「へえ。……ちなみに俺、激ダサ小4から」
日吉 「……そうです……か」
宍戸 「第3試合!」
日吉 「えっ!? 始まるぞ!」

なんか日吉かわいそう(笑)


【D1】
不二と白石のきっかけセリフ「一騎打ちだ(や)」が、微妙に合わないね。
4AのCDでセリフのタイミングが合っているのに慣れたからか、ちょっと違和感あった。
まぁ、もしかしたらワザとあわせないのかもしれないけど。

試合後。
昼は尻を叩こうとして腕を掴んだ謙也、今回は財前にしっかりよけられました。
「よし!」ていう財前に謙也が「ハァ!?」ってムカついた声出すのが面白かった。
あーもー財前かわいいよ財前。←


【F・G・K・S】
私の座っていたブロック、りゅーきとまさしに挟まれた。
席がちょうどブロックの真ん中あたりだったからどっちをみればいいかわかんなくてどうにか交互に両方見た(笑)
りゅーきがかわいく控えめに笑いながら踊っているのに対し、まさしはあの長身で超笑顔でびょんびょん跳ねてしかも客を煽る煽る。
なんなんだあの大型犬! かわいすぎじゃ!!

ポジションチェンジで来たのはYOHさんと水田くん。
このときは迷わずに水田くんをガン見した。
YOHさんごめんね(笑)

ステージ上ではみんなでよってたかって日吉をセンターに引きずり出していた。
そうだよね、圭くん今日が楽だもんね…!
でも実のところ日吉すっげイヤがってたように見えたよ。

「そして仲間に出会った〜♪」でラケットを前に出すときにステージ上の菊丸が身を乗り出しながらきょろきょろしているからなんだろ?と思ったら大石を探してた模様。
見つけるとお互いにラケットを向け合って、その時の二人の表情がまたすっごいにこにこしているからもうかわいいったらありゃしない!
久々にこんなにときめく黄金に出会いました。

ちなみにこの時白石は、日吉に構わず上手で一人華麗に踊っていた。 ヒデ様…!


【お見送り】
前説→謙也・財前

アナウンスの「「どうもー」」って声で、もしかして?と思ったら、昼に続いて再び財前きちゃった!
マジっすか!! 今日はなんという財前dayですか!←
しかし昼のユウコハ前説よりも悲鳴は小さかったような?

謙也 「今日のお見送りメンバー知っとるんか?」
財前 「えぇ?」
謙也 「なんや〜お前メンバー知らんのちゃうか?」
財前 「はぁ、しゃーないっすわ…」

え、もしかして教えてくれるの?と淡い期待をしてしまう自分(笑)

財前 「…実はー、実はー! じーつーはー! ……知りません」
謙也 「知らんのかーい!!」
財前 「じゃ、今からメンバー探してきます」
謙也 「……メンバーが集めるまでお待ちください」


お見送りメンバーは亜久津・橘・河村・財前・謙也・千歳・金太郎・菊丸・不二・日吉。
千歳が金太郎をおんぶして出てきて悲鳴が上がっていた(笑)
きっと日吉は楽だからきてくれたのでしょう。
昼のアナウンスをした小春・ユウジは2階に行ったからきっと財謙も上だろうな〜と思ってちょっとしょんぼりして歩いていったら

1階メンバー→不二・菊丸・財前・謙也・日吉

な ぜ い る !?
いやうれしかった。ホントにものすごくうれしかった。
でも2階にいるもんだとばかり思っていたから正直パニくったよ(笑)

んで、昼と同じ徹を踏まないように今度はひとりひとりしっかり見てきた。
高崎と汰斗はひっついて手を振っているのがすごーくかわいくて、しかも汰斗は微妙に高崎の後ろに隠れているもんだから、二人の周りにお花の幻覚が見えました。
びしんにはまた昼のネタをふろうかと一瞬考えたけどさすがにそれはやめて、普通に「おつかれさま」を。
トムくんはにっこにこ手を振ってくれてかわいかった!
で、並びの5番目に立っていた圭くん。
背中向けて腕組んでいるから「あ、日吉なんだ」と思い「おつかれさまでした!」って叫んだらチラってこっちに視線を向けてくれた。
そして組んでいる腕を見たらこっそりピース。
5Bの日替わり、狙ったわけじゃないのに日吉の時しか観ていなかったせいもあってか、この仕草で私はますます細貝ぴよを好きになったよ!
ま、欲を言えば他のゲストの回も観てみたかったけどね(笑)


さて、このお見送りが終わってやっと自分の中の『四天宝寺公演』が終わりました。
観る前は、こんなに四天を、そして5Bキャストを好きになるなんて思わなかったです。
四天に関しては、好きのあまり生写真セットをAB両方買ってしまったしね。
おかげで白石と謙也と財前が2セットになってしまったが好きなんだから気にしない。台湾版パンフやりゅーきの写真を間違ってもう一度買ってしまったことも気にしないよ。←

DVDがでたらまたじっくりと観賞しようと思います。



トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲